最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

久々の休日、長谷川平蔵は朝が来ても、それどころか日が暮れても寝間から出て来なかった。「あまりにもひどい、烈しい疲れが、お躰の中へたまりにたまっておられるのですもの…」夜も好物の白粥と葱入りの煎り卵を食べてまた眠ってしまった。と、そこへ与力・佐嶋忠介が役宅から駆けつけてきた。「お疲れのところを、おそれいりまするが…」 (時代小説)監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史
(C) ことのは出版

礼金二百両(鬼平犯科帳より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。