最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

白昼夢

著者: 江戸川 乱歩
ナレーター: 野口 晃
再生時間: 15 分
カテゴリー: 名作文学
4 out of 5 stars (7件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

<内容紹介>
生温かい風が吹く、蒸し暑い日の午後。 私がある場末の大通りを歩いていると、道端に人が集まっている。その中心には四十くらいの男が熱心に演説をしているのだ。私がその内容に耳を傾けると、それは驚くべき内容だった。 男は浮気者の女房を殺し、その好もしいすがたを永久に自分のものにするために、蠟人形に加工したというのだ。 隠し場所は警察にだって見つからない。俺の店先に飾ってある…… 男と目が合い、私はハッとして振り向くと、そこには一軒のドラッグストアがあり、ガラスの奥には一体の人体模型が飾られているのだった……

<江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)>
日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。
(c)2018 Pan Rolling

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • ceptor
  • 2018/07/03

朗読が鬼気迫る迫力

愛する女を殺した男のお話。狂気も過ぎると誰も信じてくれない。朗読の迫力が際立っています。