最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

思いあまった薫の君は弁に手引きをさせ、姉妹の御寝所に忍び入りますが、いち早く気配を察した大君に逃げられてしまいました。しばらくして、薫の君は、あたかも中の君目当てで訪ねて来たかのように見せかけて大君を安心させ、その隙に匂宮が中の君との逢瀬を果たせるよう計らいます。これを知った大君はかなりの御立腹です。
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

[89巻] 源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第四十七帖 総角 (其ノ二)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。