最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内大臣と源氏の君は若い時分から親友どうしでしたが、最近は夕霧と雲居の雁のこともあり、交友が途絶えがちになっております。これではいつ本当の父に会えるのかと危惧する玉鬘に、源氏の君は恋慕をあらわにします。
まだ何も御存じない内大臣は、昔よその女に生ませた近江の君という大変風変わりな娘を引き取りました。

(毎週水曜配信予定、全48/113巻)
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第二十六帖 常夏に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。