最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語(十八) 松風(まつかぜ)

ナレーター: 岡崎 弥保
再生時間: 50 分
カテゴリー: 古典・神話

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

多様な人物たちの織り成す複雑な心理描写を、分かりやすく情感豊かに読み上げました。またそれぞれの帖の冒頭では翻訳者の与謝野晶子が、その帖の内容を一首の歌にして見事に表現しています。源氏物語は、紫式部によって書かれた全五十四帖から成る長編小説。期間にして74年、四代の天皇の御代に渡る壮大な物語であり、その文章の構成や美しさ、人物の心理描写の面などからも、日本の文学史上最古にして最高傑作とも言われています。源氏物語 第十八帖 松風(まつかぜ) -二条院の東院が完成し、源氏は西の対に花散里を迎えた。そして、東の対には明石の君を迎えようとするが、明石の君は自らの身分の低さと、源氏の娘に対する寵愛からなかなか上京を決断できずにいた。そこで明石の入道が都にあった山荘を修繕し、そこに住まわせることとなった。しかし、上京してからというもの、源氏は紫の上に気を遣い、なかなか明石の君の住む屋敷に足を運ぶことが出来なかった。遂に耐えかねた源氏は、明石の君に会いに行くと紫の上に伝えると、屋敷のある大井へと足を運んだ。大井にて三年ぶりに明石の君と過ごした源氏は、初めて見た明石の姫君の愛らしさに驚く。そして、何とか姫君を皇后に出来ないかと、住まいに戻った後、紫の上に姫君を引き取ってくれるよう頼む。元来子ども好きな紫の上はその申し出を引き受けるが、源氏は明石の君が別離に苦悩する姿を想像して悩むのであった。
(C)PanRolling

カスタマーレビュー

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。