最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

特捜本部は栗橋・高井を犯人と認める記者会見を開き、前畑滋子は事件のルポを雑誌に連載しはじめた。今や最大の焦点は、二人が女性たちを拉致監禁し殺害したアジトの発見にあった。そんな折、高井の妹・由美子は滋子に会って、「兄さんは無実です」と訴えた。さらに、二人の同級生・網川浩一がマスコミに登場、由美子の後見人として注目を集めた――。終結したはずの事件が、再び動き出す。
©Miyabe Miyuki (P)2019 Audible, Inc.

同じ著者・ナレーターの作品

模倣犯 4に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    38
  • 星4つ
    8
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    41
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    35
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • O−haru
  • 2019/12/10

続きを……

もうこの巻で終わりと思ってたけど まだ続くのですね 何巻までありますか? すっごく面白いけど 一気読み出来ないのが残念

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • かねちゃん
  • 2019/12/05

とにかくじれったい。

模倣犯シリーズはおもしろい。が、オーディブルでは月に一度程度しか続編を公開しない。だから面白さが半減する。一気に公開してほしい。それをしないのは、結局、金儲けの為なのだろう。聴き放題の「オンデマンド制」から、月に一本の「コイン制」に移行してから、作品のラインナップは充実したと思うし、それなりに利益を上げていると思う。が、我々ユーザーのストレスは日々増している。オーディブルの月額制会費である1500円あれば、神田の古本街で10冊前後の本が買える。が、オーディブルではたった一冊の音声データのみ。それが高いか安いかは個々の価値観にあると思う。私は、広告制度を導入するべきだと思う。テレビドラマを観ていても必ずCMは流れる。なら、オーディオブックを聴いていれば必ずCMが流れたとしても違和感はない。 要するに、いかなるビジネスも、どのマーケットをターゲットとするがである。 おおまかに言えば、庶民か企業か。 庶民をターゲットにするなら、、、 企業をターゲットにするなら、、、 面倒くさいので以下省略(げらげら)

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ねこ
  • 2019/12/10

善意の第3者が振りかざす正義の残酷さ

予断や思い込みで人を糾弾する、無責任な正義の残酷さが際立つ回。聴いていて、とても痛くて辛い回です。「模倣犯」は、事件に関わるあらゆる人々の人生や感情を、一人一人丁寧に描く作品ですので、登場人物達が事件によって変わっていく様をみるのがとても辛いです。残酷な正義を振りかざす人々は、その正義が間違っていたことを知った時どうするのでしょうか。それを知るのもまた辛いです。次巻は心して聴かないと❗