Amazonプライム会員限定、3か月無料キャンペーン中

Audible会員プラン 無料体験

2022年7月25日までAmazonプライム会員限定で3か月無料キャンペーン中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら。をご確認ください
会員は、12万以上の対象作品が聴き放題、オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 1,900 で購入

¥ 1,900 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

★「余裕」は詩人に学ぶ。「自分」を笑い飛ばす、中谷流・「詩的」人生術。
★中谷さんのメッセージの本質、それは「余裕」の獲得。精神的余裕、経済的余裕、時間的余裕。多くを求めるわけではないけれど、不足して困ることのない状態。それが「余裕」。では、どうすれば、余裕は体得できるのでしょうか。それは「詩人」からの学び。詩人の奏でる言葉の力と生き様です。今回登場するのは北原白秋とポール・ヴェルレーヌ。いずれも著名な詩人ですが、その私生活は「むちゃくちゃ」。でも、自分の人生を達観し、ときには笑い飛ばしてしまう。そんな「余裕」を私たちに見せてくれます。詩と詩人、そのギャップから学べることは少なくありません。「余裕」を獲得する技法、中谷さんから学びました。
★月ナカ176――7つの学び
○「『物語』に入るタイプの人生は、波乱万丈になる。」
○「病気になって、新しい感覚の詩が書けるようになった。」
○「自分の弱さを知った時、人は強くなる。」
○「ヴェルレーヌが愛したものは、酒、女、そして神。」
○「詩のために、人生がある。人生より詩のほうが芸術的。」
○「訳すとは、解釈。訳の違いを味わおう。」
○「自分の人生を、面白がろう。」
©2022 中谷 彰宏

月刊・中谷彰宏176「自分の変な所を、面白がろう。」に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 3 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 大いな正午
  • 2022/05/24

人生=詩

偉人たちの詩を勉強することで、自分の人生を詩ととらえることができます。芥川龍之介は「人生は一行のボオドレエルにも若かない」と名言を残してますが、自分の人生という作品を楽しんで、味わい尽くすことが大切です。