Amazonプライム会員限定、3か月無料キャンペーン中

Audible会員プラン 無料体験

2022年7月25日までAmazonプライム会員限定で3か月無料キャンペーン中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら。をご確認ください
会員は、12万以上の対象作品が聴き放題、オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 1,900 で購入

¥ 1,900 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

★料理で「家庭」を取り戻そう。陶芸家から学ぶ、中谷流「自然」発見術。★川喜田半泥子と北大路魯山人――この2人の陶芸家を紹介します。川喜田半泥子は三重県津の素封家の御曹司。家業を継いで銀行家として活躍する一方、数々の名作を世に送り出しました。「下手で、不器用で、上品で、力強いものが、いい。」という半泥子は、洒脱で、サービス精神旺盛で、自由な芸術家でした。北大路魯山人はマンガ「美味しんぼ」の海原雄山のモデルとして有名です。魯山人は複雑な家庭環境のなか生を受け、その後も、過酷な環境で生育しました。「最高の料理とは、家庭料理」という言葉に、家庭を渇望していた魯山人の魂の叫びを聞く思いがします。運命を受け入れようという半泥子と反骨の人・魯山人。泥を捏ね上げながら見えてきた二人の人生観の根底にあるのは「自然」。宿命を背負いながら、人生を切り開く方法、中谷さんから伺いました。★月ナカ174――7つの学び ○「無茶とは、自由。」○「注ぎ口から注ぐのは、貧乏注ぎ。」○「芸術とは、遊び。」○「最高の料理とは、家庭料理だ。」○「料理とは、悟り。こしらえることではない。」○「自然を観る眼を養わねば、いい芸術はできない。」○「高きを行く人に、世間は悪口を言う。」
©2022 中谷 彰宏

月刊・中谷彰宏174「自然の色を、感じよう。」に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。