Amazonプライム会員限定、3か月無料キャンペーン中

Audible会員プラン 無料体験

2022年7月25日までAmazonプライム会員限定で3か月無料キャンペーン中(プライム会員以外の方は30日間無料)。詳細はこちら。をご確認ください
会員は、12万以上の対象作品が聴き放題、オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 1,900 で購入

¥ 1,900 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

★あふれる情念は、詩に昇華。SMで学ぶ、中谷流「詩」朗読術。
★SMとは「人生の達人」の作法なのかもしれません。両極を極め、臨機応変・縦横無尽に、役割を演じきる。明治の文豪・谷崎潤一郎は、時にはS、時にはMを演じました。その作品は、一部から色物扱いされますが、それは残念なこと。「通俗的なテーマを、古典的な文体で書く。書いていることは耽美主義ではなく、自然主義。エロを、古典的な文体で、耽美的に描くのが谷崎文学。」と中谷さん。アンプロンプチュ(即興プレイ)とページェント(野外プレイ)。谷崎潤一郎が描いた官能の世界は、エロを超越した美の世界。明治の文豪から、縦横無尽に生きるすべを学びましょう。
★月ナカ166――7つの学び
○「狭ければ狭いほど、共感できる。」
○「詩は、一行目が勝負。」
○「詩には筋がない。場面があるだけ。」
○「聖母と娼婦に憧れる。これがSMを生む。」
○「エロを、古典的な文体で書くのが谷崎文学。」
○「『恋愛とは共犯。愛とは闘争』と佐藤春夫は言った。」
○「詩は、音楽。声に出そう。」
©2021 中谷 彰宏

月刊・中谷彰宏166「唇に、詩を口ずさもう。」に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。