Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
¥ 1,900 で購入

¥ 1,900 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

★歩く。走る。手書きでメモ。衰えを知らない脳をつくる、中谷流「欲望刺激」集中法。
★ケアレスミスが増えてきた。パソコンの誤動作が増えてきた。これらの原因は「集中力」の減退。ではなぜ、集中力は損なわれてしまうのでしょうか? それは「体力」が落ちてきたからでした。「体を動かすと、集中できる。体を鍛えると、集中力が高まる。」と中谷さん。科学者が走るのも、哲学者が歩くのも、集中力のためだったのです。村上春樹さんも執筆は、体力勝負だとおっしゃっています。頭脳労働は、体が土台。体を動かせば、脳は活性化するのです。体を鍛えて、脳を鍛える方法、中谷さんから教わりました。
★月ナカ142――7つの学び
○「集中力は、体力。」
○「体を動かすと、集中できる。」
○「メモすることで、頭が整理される。」
○「手足は、露出した脳。」
○「手書きのメモで、信用される。」
○「ポケットに、何本もペンを入れよう。」
○「美術館に行って、運動しよう。」
©2021 中谷 彰宏

月刊・中谷彰宏142「メモを取る人は、若返る。」に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。