Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

  • 星の航海者1 遠い旅人

  • 著者: 笹本 祐一
  • ナレーター: 大内 櫻子
  • 再生時間: 8 時間 37 分
  • 4.3 out of 5 stars (9件のカスタマーレビュー)

Audible会員プラン 無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます
『星の航海者1 遠い旅人』のカバーアート

星の航海者1 遠い旅人

著者: 笹本 祐一
ナレーター: 大内 櫻子
30日間の無料体験を試す

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥3,000 で購入

¥3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

人類が初めて開発に成功した、くじら座τ星の第五惑星ディープブルー。そこに暮らし、恒星間ネットワークの基幹会社、通称〈銀河ネット〉に勤める惑星記録員のミランダは、宇宙酔いを克服できず地上勤務を続けていた。ある日、冷凍睡眠を繰り返しながら宇宙を渡る恒星記録員のメイアが250年ぶりにディープブルーを訪れることになり、ミランダはそのアテンドを命じられる。宇宙生まれの第一世代であり、地球年齢で300歳を超えるメイアは、ある種伝説の存在だ。ミランダは案内の事前準備として、メイアの人生を辿り始める――〈星のパイロット〉と同じ宇宙を舞台に描く新シリーズ開幕。
©Yuichi Sasamoto Published in Japan by TOKYO SOGENSHA Co., Ltd. (P). MEDIA DO Co.,Ltd.

星の航海者1 遠い旅人に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    4
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
こたポンのプロフィール画像
  • こたポン
  • 2024/01/04

ラノベ作家による超科学を使わないスペオペ

近隣の恒星系くじら座タウ星系を探索し始めることとなっている地球におけるとても真面目な諸問題の考察を後に恒星間の渡航者となる主人公の視点で描いている
あまり、描かれない技術のジャンプのない世界における、様々な事象を真面目に考察がなされ、聴いてい新鮮でした
これからどうなるのか?期待します

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
kabaka99のプロフィール画像
  • kabaka99
  • 2024/01/11

地味なのに面白い未来のドキュメンタリー

現代からおそらく数百年後のさらに300年後が舞台となるこの物語は、銀河を旅するメイアが旅に至る記録を、くじら座タウ星に暮らすミランダが読むという構成になっている。そのほとんどは仮想技術の解説であり、プロジェクト・ヘイル・メアリーの地球回想パートを思わせる。あれほどスリリングではないが。

作者のあとがきに詳しいが、本書は我々の暮らす現代において理論も確立されていない、要するにSFでしかお目にかからないような「超技術」は登場しない。
だから光速の2~3割程度のスピードしか出せないし、冷凍睡眠を駆使して旅をするしかない。
どうやら記録方法については高度なVRがあるらしいが、同時に紙記録も重要視されているという我々にとって実に安心できる未来が描かれている。

先にも述べたように、本書の大半は、恒星間航行技術開発までの基礎理論や経緯をメイアの取材レポートで占められている。そう言う意味では新書の一般教養書のようでもある。
同時にメイアが銀河を渡ることになった理由のわかるストーリー展開となっている。

とは言っても何か大事件が起こるわけでもないし、メイアの取材対象が特にキャラ立ちしているわけでもない。
詰まるところ地味なのである。個人的には大好物だが人によってはつまらないと感じるかもしれない。

だが続編が予定されており、そこからメイアとミランダの出会いをはじめとする何らかの展開が始まるだろうと予測される。

いきなり大活劇にはならないだろうし、本書の雰囲気からみてもドロドロの愛憎劇に発展するとも思えない。静かでありながら知的興奮がおさまらないような展開がある、というか期待している。

ナレーションだが、美しく落ち着いた聴き取りやすい朗読で全編を通じて楽しめた。
レポート部分は会話が主となるが、それぞれで声色を変えてもらっているので、リスナーにも優しい。
あと、もう少し自然な演技ができると申し分ないが、そこまで望むのは贅沢というものだろう。

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
とまさえのプロフィール画像
  • とまさえ
  • 2024/05/20

手が届きそうな宇宙SFだった彗星狩りの更に少し先の未来

宇宙SFと言えば想像される超技術がほぼ出てこない
今ある技術の延長線上でいつか手が届くと想像できる範囲の技術で構成された恒星間SF
夢物語ではなくていつか実現しそうに感じられるのでわくわく感が止まらない

これ単体で完成してますがこのストーリーの過去話として彗星狩りもaudibleで聴きたいです

問題が発生しました。数分後にもう一度お試しください。

ありがとうございました。

あなたはこのレビューを報告しました!