最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

新・平家物語 07

みちのくの巻
著者: 吉川 英治
ナレーター: 篠原 孝太朗
シリーズ: 新・平家物語
再生時間: 6 時間 10 分
カテゴリー: 時代小説
4.5 out of 5 stars (7件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

山には天狗が住んでいた。里人は怖れて「天狗風が吹いたら、鞍馬一里四方は、戸を閉めろ」と言いならわしていた。しかし伝説にまぎれてそこいたのは源氏の残党であった。彼らは身命を賭して亡き主の忘れ形見を平家の檻から逃がそうとしていた。痩せっぽちでチビで、甘えたで、負けず嫌いの少年・遮那王牛若は、源氏の未来を痩肩に担い、万難を排してみちのくを目指す。<編集/三好達也>(全7/24巻)(毎月第3水曜配信予定)
Public Domain (P) 2016 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    2 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • Amazon_Customer
  • 2018/03/14

義経みちのくへ

義経みちのくへのくだりですが
なんとなく
反骨精神あるようにもみえますが
結局は周りに吹き込まれたことを判断の基準にしているマザコンのようにも思われ
いわゆる歴史で学んだ政変なども関わらないことからかなり退屈でした。

義経に共感できる方は楽しいのかな?と思います。