最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

内与力・隼新八郎。神道無念流の名手で、頭脳明晰、心優しき好青年だが、恋にはオクテ。今日も奉行・根岸肥前守の命を受け、表ざたに出来ない事件の捜査に奔走する— 大雪の日、雪見舞い酒を飲んで3人が死んだ。翌朝、幕府重臣・水野出羽守の屋敷前に、切腹死体を封じ込めた巨大な雪達磨が・・・(時代小説)
(c)ことのは出版株式会社

幽霊屋敷の女 (はやぶさ新八御用帳より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。