最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

[商品について]
―太郎は、地震を起こすナマズに出会うことができるのか― 高い建物が立ち並ぶ街中の、緑豊かな公園の中にある大きな沼。その深い泥の中でパパとママ、そして妹と一緒に暮らすナマズの太郎は、ある日大きくて立派なナマズが描かれた古ぼけた一枚の絵を目にします。それは地球に地震を起こし、遠い海のどこかに住んでいるといわれる大ナマズ様の姿を描いたものでした。神様みたいなそのナマズに会いたくなった太郎は、ママに作ってもらったクッキーと、妹の赤いリボンをお守りに持って、パパに教わった川につながっている沼の水路から、海に向かって出発するのでした――。太郎の冒険を通じて、生きている地球の姿を活き活きと描いた、一匹のナマズの学びと成長の物語。 [出版社からのコメント] 地震や噴火は人間にとってはおそろしい災害ですが、それは内部に巨大なエネルギーを持っている地球が、生きた星として活動していることの証でもあります。本書の中でナマズの太郎と冒険しながら、長い年月をかけて活動する地球の声を感じていただければ嬉しく思います。

​​​​​​​[著者プロフィール] 吉田 いち子(よしだ・いちこ) 1954年、東京に生まれる。 日本女子大学卒業後、サンケイリビング新聞社に勤務。 2004年に退職し起業。株式会社吉田事務所を設立。 2012年にNPO法人「としまの記憶」をつなぐ会を立ち上げ、 語り部の大正、昭和の記憶を取材し動画で保存する活動をしている。 吉田事務所 https://www.1-plus.co.jp 「としまの記憶」をつなぐ会 http://movie.toshima-kioku.jp
©吉田 いち子 (P)22世紀アート

地震ナマズはどこにいる?に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。