最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

Audibleと電ファミニコゲーマーのコラボレーションでお送りするポッドキャストシリーズ、『伝説の漫画編集者Dr.マシリトこと鳥嶋和彦が訊く、スゴい編集者の考え方』

『週刊少年ジャンプ』の元編集長で、『ドラゴンボール』など、数多くの大ヒット作を担当編集として手がけてきた鳥嶋和彦氏に加え、毎回ゲストとして各出版社で活躍した漫画編集者をお迎えし、漫画編集者が何を考え、どうヒット漫画を生み出していったのかということを探っていく。人気作が誕生した過程や漫画編集の裏側、そして漫画家と編集者の関係といった漫画編集者に関するエピソードなど、漫画ファンならずとも必聴の内容を毎回お届けする。

[配信中のエピソード]

#1 そもそも「編集者」って何なんだ!? 『ドラゴンボール』を手がけた伝説の編集者・鳥嶋和彦が語る、優秀な漫画編集者の条件とは。

■話者:鳥嶋和彦、平信一(電ファミニコゲーマー編集長)

■主な内容:

・誰もが自作を発表できる現代において編集者は不要なのか?

・鳥嶋氏が分析する出版社のビジネス環境の変化と漫画編集者の仕事

・漫画の連載1回目で理想的なのは『スター・ウォーズ』か『インディ・ジョーンズ』か

・ドラゴンボール誕生秘話 『ドラゴンボール』第1話の構成はあの名作アニメと同じ

・鳥嶋氏が語る『ジャンプ』『マガジン』『サンデー』『チャンピオン』四大少年漫画誌の特徴

・作家が「描きたいもの」ではなく、内側に隠れている「描けるもの」を引き出す ドラゴンボールで天下一武道会が生まれた理由

・雑誌が衰退し、漫画より安いコンテンツが溢れている今、漫画はどう対応するべきか

(2021/9/21配信)

©Mare Inc. (P)2021 Audible, Inc.

伝説の漫画編集者Dr.マシリトこと鳥嶋和彦が訊く、スゴい編集者の考え方に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。