最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

人類は衰退しました1(ガガガ文庫)

(小学館)
著者: 田中 ロミオ
再生時間: 5 時間 46 分
5 out of 5 stars (13件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

【小学館ガガガ文庫ー配信開始記念特別価格!】 人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は「妖精さん」のものだったりします。そんな妖精さんと人間との間を取り持つ、新任調停官の「わたし」と妖精さんたちとの、予測不能な不可思議物語。
©Romeo Tanaka (P)小学館

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    11
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    11
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    10
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2019/07/27

寝る前に

世界観に入りやすく聞きやすい音声で
続編などあればぜひ聞きたいです

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2019/07/04

稗田 寧々さんによる、アニメより現実的な「わたし」の声

アニメ→ライトノベル→オーディオブックの順で読みましたが、全てとても良かったです。なおかつ、全て別の味があります。
オーディオブックでは、アニメ版のようなゆるふわな雰囲気の声ではなく、ライトノベル本編の雰囲気に近い、暖かくも現実的な声でした。

妖精さんを発見した時や、「はー、」という感嘆の声も数回入っていて、そこもとても良かったです。

続きが出たら、是非購読したいです。

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • tankato
  • 2019/04/17

「わたし」が語るわたしと妖精さんのお話

「わたし」の一人称で語られていく作品。アニメ版の中原由衣さんに比べると厳しいところはありますが、そこは割り切ってしまえば。洒脱で軽妙な田中ロミオさんの語り口が他にはない独自な世界を作り上げています。

3人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名希望 
  • 2019/04/14

アニメ版とキャストは異なります

田中ロミオさんのあとがきが朗読されるので、これは面白いです。

4人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。