最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

多くの落語家がさまざまな演出で演じていますが、歌武蔵のこの噺には思い切り陽気なだじゃれ好きの屑屋が登場します。彼が描くイメージは映画「エノケンのらくだの馬さん」だそうです。
屑屋とコワモテ野郎のやり取りが哀しくもおかしい。歌武蔵は、ともすると陰惨な空気になりがちな「らくだ」を明るく笑い沢山に描いています。
(C)2011 三遊亭歌武蔵

三遊亭歌武蔵 大落語集 らくだに寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。