価格: ¥ 2,500

会員特典 会員特典
  • 会員プラン初回登録時は30日間無料。以降は月額1,500円。いつでも退会できる。
  • 無料体験後は、毎月1つ付与される「コイン」でお好きなタイトルを購入。
  • 購入したタイトルは退会後もあなたのもの。
  • 会員ならどのタイトルでも30%OFFで購入可。
  • タイトルの返品・交換可能。
  • 追加料金なしで楽しめるコンテンツも。
OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料が用意されています。

ご購入後、PC上でAudibleのホームページを開き、「ライブラリー」をご確認ください。

※Windows10端末をご利用のお客様は、アプリ上で直接ご覧いただけます。

今、最も注目される若き起業家が生きていくための路上ライブで身につけた人生とビジネスの本質をすべて明かす―。

SNS時代を生き抜く為に必要な〝コミュニティ〟とは何か。 

SNSの次の潮流である、ライブ配信サービスの最前線はどこか。

  アーティスト、アイドル、モデルなどの配信が無料で視聴・応援できる。そして、誰でも配信者になれる。画期的な仮想ライブ空間の「SHOWROOM」を創り出した前田裕二の全思考。  

「勝算なんて何の根拠もないことを、この若き経営者は知っている。だから、前田裕二を信じた。」

 ――秋元康 

秋元さんが〝堀江以来の天才がいる〟というから会ってみたら、本当だった。

 ――堀江貴文  

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 

「秋元さん。僕は、ビジネスにも人生にも、勝算があります」  

秋元康さんと出会った頃に、伝えた言葉です。 

僕の勝算は、ビジネスにとどまらない。 

僕は、自分の人生に勝つ自信がある。そんな、僕のような若造の言葉を受けて、秋元さんは、「君の、根拠のない自信が好きだ」と言いました。 

以来、「人生の勝算」という言葉は、僕が迷った時に立ち返る大事な考え方になっています。  

上述の通りこの本では、成長ビジネスの勘所について語っており、この本を読めば、あらゆる〝ビジネス〟の勝算が上がると確信しています。  

しかし、単なるビジネス本は書きたくなかった。この本を手にとってくれた方が、自分の〝人生〟そのものについて、勝算を持つ。そんな、温かい本を書きたかった。 

 僕が全力で魂を注ぎ込んだこの本が、皆さんの人生を1㎜でもプラスの方向に傾けることを、心から願ってやみません。 

 (本書 「プロローグ」より)  

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------  

目次 

プロローグー経営はストリートから始まった 

第1章 人は絆にお金を払う 

第2章 SHOWROOMが作る新しいエンターテインメントのかたち

 第3章 外資系銀行でも求められたのは「思いやり」 

第4章 ニューヨーク奮闘記 

第5章 SHOWROOM起業 

第6章 SHOWROOMの未来 

エピローグーコンパスは持っているかー

©前田裕二、幻冬舎 (P)2018 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    52
  • 星4つ
    19
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    4

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    40
  • 星4つ
    16
  • 星3つ
    4
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    42
  • 星4つ
    14
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    3
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 小野琢也
  • 2018/12/03

前田ゆうじカッコいい!

若い頃から、熱量半端ない!この人に死ぬまで是非とも一度会いたいって思わせる内容の本だった🎵

4人中4人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2018/11/13

素晴らしい!

前田さんの生き様に共感すると共にやる気がメラメラ湧いてきました!

4人中4人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • KAY
  • 2019/01/01

「スナック」とSNS時代のコミュニティの見解が秀逸!

 SNS時代の現代での顧客とサービスを提供するものとの関係性のあり方を伝えるのに、「スナック」とお客の関係性を持ってきて説明してるところが、おじさんにも共感できて、「わかるわ~!!」っと、とても面白かった!!(笑)

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • noriccha
  • 2018/12/19

もっと本気で生きようと思います

自分なりに一生懸命やっているつもりでいましたが、この本を読んでもう少し本気度をあげてやれるような気がしました。実際、少し効率上げて動けるようになって、前と同じことをしていても時間が少しあまるようになりました。もうアラフィフですが、がんばります!

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 松田 貴
  • 2018/08/31

コンパスを持って生きること

「人生のコンパスを持つためには、自分の内面と必死に向き合わなければならない。」
実際にやってみると、正直しんどい。記憶に残っていることは、感情が伴うことや罪悪感のあることが多い気がした。
文字にしたくないことや気持ちが滅入ってくるような気もするが、事実、過去にあったこと、感じたことと真剣に向き合うことがコンパスにつながるなら、やるしかない。何が見えてくるかはわからないけど、やってみるしかない。
ありがとうございました。

6人中4人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2018/12/03

想いが熱くて泣きました笑

前田さんという人が仕事への想いが熱く、人への愛情に溢れていて、本当に素晴らしい人なんだと感じました。最近仕事で悩むことが多く、後ろ向きな考え方ばかりしていいたのですが、これからはただひたすら前向きに自分を見つめなおして、何が幸せでこれから自分はどうしたいのかじっくり考えていきたいです。この本に出会えてよかった。次作も楽しみにしてます。

3人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 稲田琢司
  • 2019/01/11

素晴らしい

すごい役に立つと思いました。息子の活動に役立てます。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • MM
  • 2018/12/30

おすすめ

showroomの社長とは知らずにタイトルを選んだが、中身はとても面白い。
石原さとみのニュースでshowroomというサービスを知ったため、何なのか知らなかったが
志高く生きている方なんだと知った
何が何でも成功したいという方は読んでみて良い本と感じた

  • 総合評価
    1 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2018/11/16

何も新しくない

学べた事が何もなかった。
自分のビジネスの宣伝のための本だった。
今時朝の5時から深夜まで働く事を自慢だか正当化するなんて、50代の親父かと思ったら、若いから余計意味わからん。
久々にガッカリ。

4人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

同じ著者・ナレーターのタイトル