最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

ジョン・マン 1

波濤編
著者: 山本 一力
ナレーター: 大森 ゆき
再生時間: 5 時間 17 分
カテゴリー: 時代小説
4.5 out of 5 stars (11件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

鎖国日本。土佐から初めてアメリカに渡り、暮らした波乱万丈の人生を生きたジョン・マンこと中浜 万次郎。山本一力が「名前を求めない人生」同じ土佐人の誇りを抱いて書いた渾身の作。その第一弾 波濤編。まさに波濤というべき船出が今始まる。いきなりの14歳土佐から伊豆諸島での143日間に渡る漂流生活。監督/吉田純子・編集/三好達也_野田仁志
©ことのは出版株式会社

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    8
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • zfguntvi
  • 2019/05/01

ナレーター 凍える牙と同じ読み手なのに雰囲気全然違いました!

ナレーター買いでした。乃南アサの凍える牙ほか音道貴子シリーズがかなり面白い声優さんだったので買ってみました。
ジョンマンは原作読んだことありますが、まさに日本男児の立身出世が描かれた作品なので、正直女性の声はどうかなあと思いましたが、1巻は少年時代ということもあって違和感なくストーリー楽しめました。
続刊成長していく部分の読みに注目です。

話はわかりやすく痛快です!

2人中2人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2019/05/08

ナレーションはすばらしい。ストーリーがもう少しスピーディーだとよい。

次号に期待します。アメリカでの生活と成長、変化が楽しみ。

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • Laundrymania
  • 2019/08/15

この作品に女性のナレーターでは厳しい

  作品自体は非常に面白い。また、ナレーターの力量も申し分ない(読み間違いや、イントネーションに違和感を覚える箇所が少々あるが・・・)。ただ、男性の登場人物ばかりの物語を女性らしい声で読むのはなかなか厳しいものがある。男性のセリフを低い声音で無理に出そうとするために、登場人物が皆不機嫌に喋っているようなイメージになってしまう。

同じ著者・ナレーターの作品