最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

節分かれ

著者: 山本 一力
ナレーター: 神谷 尚武
再生時間: 2 時間 29 分
4.5 out of 5 stars (9件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 2,000
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

稲取屋は灘酒問屋の大店だが、ここ4年の凶作続きで灘酒の入荷が激減した。灘からの入荷が見込めず、跡取り息子の高之助は代わりに会津酒の扱いを提案するが、当主の勝衛門は「ならん」と言下に駄目を出した。百六の蔵のうち百三もが空であそんでいるのに。 (時代小説)
(C) ことのは出版

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    5
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2018/07/12

素晴らしい

私はすっかりこの著者のファンになってしまいました。
ただ一つ。関西ネイティブの私には、努力は重々承知ですが、灘の蔵元のおかしげな関西言葉のナレーションが悔しくて、悲しい。
他は完璧なのに。