著者

白石 一郎

昭和6(1931)年、釜山に生れる。早稲田大学卒業。 62年、「海狼伝」で第97回直木賞を受賞。平成4年、「戦鬼たちの海」で第5回柴田錬三郎賞を受賞。11年、「怒涛のごとく」で第33回吉川英治文学賞を受賞。16年9月20日、逝去(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『 生きのびる―横浜異人街事件帖 (ISBN-13: 978-4167370275 )』が刊行された当時に掲載されていたものです)

続きを読む 一部を表示

Audibleの会員ではありませんか?

無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

ベストセラー

    • 海狼伝 上

    • 著者: 白石 一郎
    • ナレーター: 後藤 敦
    • 再生時間: 8 時間 39 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 30
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 28
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 27

    戦国時代終盤の対馬。松浦党の一族であった母とともに海と船へのあこがれを抱いて育った少年・笛太郎は、航海中、瀬戸内海を根城とする村上水軍の海賊衆に捕えられた。笛太郎は瀬戸内まで連行されるが、そこで自分が村上水軍の将の息子であることがわかり、それからは海賊衆とともに行動するように。その後笛太郎は織田信長の水軍との海戦に加わるなど力量を発揮、比類なき「海の狼(ウル

    • 著者: 白石 一郎
    • ナレーター: 後藤 敦
    • 再生時間: 8 時間 39 分
    • 配信日: 2016/02/24
    • 4.5 out of 5 stars 30件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 3,000

    • 海王伝 上

    • 著者: 白石 一郎
    • ナレーター: 後藤 敦
    • 再生時間: 6 時間 34 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 32
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 29
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 29

    海賊船「黄金丸」の船頭・笛太郎は明国の海賊・マゴーチの本拠地であるシャムのバンコクに赴く。そこで笛太郎はマゴーチが実の父であることを知るが、異母弟を殺してしまったことから、親子の宿命的な対決が始まる。笛太郎は海の「狼」から「王」へ変わることができるのか? 直木賞受賞作「海狼伝」の続編となる海洋冒険小説の傑作。

    • 著者: 白石 一郎
    • ナレーター: 後藤 敦
    • 再生時間: 6 時間 34 分
    • 配信日: 2016/07/20
    • 4.5 out of 5 stars 32件のカスタマーレビュー

    価格: ¥ 3,000

作家さんですか?

この著者ページは、著者ご自身が「Amazon著者セントラル」から更新することができます。著者紹介文や写真の追加、作品一覧の更新など行っていただき、本著者ページの充実にご協力ください。