最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

一人が寂しくて泣きますか? あの人に、あなたの素顔を見せられますか? 心優しき若だんなと妖たちが思案を巡らす、ちょっと訳ありの難事件。「しゃばけ」シリーズ第4弾は、ますます味わい深く登場です。鼻つまみ者の哀しみが胸に迫る「こわい」、滑稽なまでの厚化粧をやめられない微妙な娘心を描く「畳紙」、鳴家の冒険が愛らしい表題作など全5編。じっくりしみじみ、お楽しみ下さい!

【シリーズ20周年記念企画】
歌舞伎俳優が朗読する「しゃばけ」シリーズ
第4巻『おまけのこ』担当
市川笑野(いちかわ・えみの)
歌舞伎俳優・澤瀉屋
1979年生まれ。97年、市川猿之助(現・猿翁)に入門し、歌舞伎座『夏祭』の仲居、『當世流小栗判官』の腰元、同行の僧ほかで市川笑野を名のり初舞台。2013年1月大阪松竹座『毛抜』の錦の前、『義経千本桜』四の切の腰元紅葉で名題昇進。
©畠中恵/新潮社 (P)2021 Audible, Inc.

同じ著者・ナレーターの作品

おまけのこに寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。