GENESiS

0 out of 5 stars レビューはまだありません。

一万年の午後 あらすじ・解説

久永実木彦による、第8回創元SF短編賞受賞後第一作。人類がとうに絶滅した未来。広大な宇宙では、かつて人の手でつくられたロボット――マ・フたちが、人間の残した〈聖典(ドキュメント)〉にしたがって惑星調査をつづけていた。姿形がすべて同じにデザインされたマ・フたちは、〈聖典〉を何より大切にし、「特別はつくらない」をモットーに穏やかな日々を送っていた。しかしあるとき、彼らの間に生じた小さな「特別」が、長い長いあいだ保たれてきたこれまでの世界を変えることになる。
©久永実木彦・東京創元社・RRJ Inc. (P)久永実木彦・東京創元社・RRJ Inc.
続きを読む 一部表示