私本太平記

4.5 out of 5 stars 75件のカスタマーレビュー

私本太平記 01 あらすじ・解説

足利又太郎が上洛した都の夜霞は酒の匂いを含んでいた。十年前には百軒とはなかった醸造元が、当今では洛中だけでも二百四、五十軒をこえる。この凄まじい酒屋繁昌は、人心の何を語っているものか。幕府の横暴。朝廷の狷介。代々継がれる因縁。混乱する因果。――乱世、今まさに始まろうという時である。(全1/13巻)
Public Domain (P) 2015 Audible, Inc.
続きを読む 一部表示
  • 1

    価格: ¥ 5,000

  • 2

    価格: ¥ 5,000

  • 3

    価格: ¥ 5,000

  • 4

    価格: ¥ 5,000

  • 5

    価格: ¥ 5,000

  • 6

    価格: ¥ 5,000

  • 7

    価格: ¥ 5,000

  • 8

    価格: ¥ 5,000

  • 9

    価格: ¥ 5,000

  • 10

    価格: ¥ 5,000

  • 11

    価格: ¥ 5,000

  • 12

    価格: ¥ 5,000

  • 13

    価格: ¥ 5,000