検索キーワード (ナレーター:"落合 佑介")(すべてのカテゴリー)

検索結果:22件
並べ替え:
    • ABC殺人事件

    • 著者: アガサ・クリスティー
    • ナレーター: 熊倉 一雄, 安原 義人, 川本 克彦, 、その他
    • 再生時間: 1 時間 58 分
    • 要約版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 72
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 66
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 66

    ポワロのもとに、ABCと名乗る人物から奇妙な殺人を予告する手紙が届く。A,B,Cとそれぞれの頭文字で始まる地名の町で、それそれの頭文字の人物が次々と殺されていく・・・

    • 5 out of 5 stars
    • テレビ版のキャスト!

    • 投稿者: ceptor 日付: 2018/06/06

    価格: ¥ 2,000

    • 聖徳太子に憲法の「道理」を学ぶ

    • 著者: 平川 克美
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 22 分
    • 完全版
    • 総合評価
      5 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    ・現実的な選択をすればいい  護憲か、改憲か。  いつものように、お互いに相いれない主張がぶつかり合い、感情的な言葉のやり取りが繰り広げられている。  ある国会議員は言う。現行憲法はアメリカによる押し付けであり、この憲法下で日本人は平和ボケし、近隣諸国から馬鹿にされ、領海を侵犯されても手も足も出せない状態になっている。だからこれをすぐに改めなくてはならないと。  日本維新の会は、その綱領の中で、「日本を孤立と軽蔑の対象に貶め、絶対平和という非現実的な共同幻想を押し付けた元凶である占領憲法を大幅に改正し、国家、民族を真の自立に導き、国家を蘇生させる」と言っている。  いさましくも空疎な言葉の羅列と言わざるをえない。「国家を蘇生させる」ということは、今は瀕死であるのか、すでに死んじゃっているのか、大変な事態であるようだ。(本文より)内田樹&平川克美の「大人の条件」はこちらから→https://yakan-hiko.com/uchida.html

    価格: ¥ 500

    • AlphaGoから考える「人とAIの関係」

    • 著者: 西田 宗千佳
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3.5 out of 5 stars 3

    2016年3月に筆者はアメリカ・サンフランシスコに出張した。出かける前後、日本で話題になっていたのが、Googleが開発した囲碁用AI「AlphaGo」と、囲碁の世界チャンピオン・李世ドルの対決だ。アメリカでは日本ほど話題になっていないようだが、そこは囲碁というゲームに対する認知度というか、注目度の差かな、と思う。筆者は囲碁にはさほど詳しくない。弱いながら、将棋とチェスはそこそこわかるが、囲碁はルールを知っている程度。場の展開の有利・不利がどうにも見通せない、というレベルに過ぎない。だが、囲碁というゲームの複雑さや、先を読むことの難しさを思うと、ここまでの囲碁用AIが作れたことには、感嘆を禁じえない。囲碁は、ゲーム理論の世界では「二人ゼロサム有限確定完全情報ゲーム」と呼ばれる。意思決定に関わる情報のすべてが盤面に存在するため、コンピュータにとっては比較的与し易いものとされ、AI研究の初期から研究が続けられてきた。それでも囲碁と将棋は難しく、プロに確実に勝つソフトを作るのは、一つの目標とされてきた。(本文より)小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ はこちらから→http://yakan-hiko.com/kode-nishi.html

    • 5 out of 5 stars
    • おもしろい

    • 投稿者: 匿名 日付: 2018/08/16

    価格: ¥ 500

    • 汚部屋の住人が勘違いしている片づけの3つの常識

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 4

    汚部屋住人が持っている3つの常識(汚部屋には「背の低い家具」が多い、汚部屋には「収納」が多い、汚部屋の住人は「機能的」で「合理的」)の心理とは? ミリオンセラー『もしドラ』の著者岩崎夏海メルマガ「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    価格: ¥ 500

    • 本が売れなくなった理由

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 8 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      2 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 4
    • ストーリー
      1 out of 5 stars 4

    最近、本が売れない。 その理由はいろいろあるだろうが、まず、ぼく自身が本を読まなくなった。ぼくは、炭坑のカナリアみたいなところがあって、ぼくの好きなものは流行るし、嫌いなものは流行らない。いうなればアーリーアダプターだ。 ぼくは狙って、あるいは好きこのんでアーリーアダプターになったわけではない。気づいたらなっていた。それも、子供の頃にほとんどその骨格ができていた。その頃から、ぼくが好きなものは流行るし、嫌いなものは流行らないという傾向があった。 そのぼくが、昔は本を読んでいたが、今は読まなくなったわけだから、本というものは本当に売れなくなったのだろうと思わされる。だから、本が売れない理由を分析するには、ぼく自身を分析するのが、一番手っ取り早い。 (本文より)岩崎夏海「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    • 3 out of 5 stars
    • オチがない

    • 投稿者: Amazon カスタマー 日付: 2018/05/11

    価格: ¥ 500

    • なぜ「イクメン」は気持ち悪いのか

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 7 分
    • オリジナル版
    • 総合評価
      1 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      1 out of 5 stars 2

    ぼくは「イクメン」が気持ち悪い。そしてぼくが気持ち悪いものは、たいてい理由がある。その社会的背景がある。そこで今日は、イクメンがなぜ気持ち悪いかを考えてみたい。 そもそも、人がなぜ子育てするかといえば、「楽しい」からだ。人間は、赤ん坊を育てることに楽しさを覚えるようにプログラムされている。それは本能のようなものだ。だから、食事や睡眠、あるいはセックスと一緒の種類なのである。 その誰もが喜んでやる行為を、わざわざ名前をつけて称揚しているのが、まず気持ち悪い。「イクメン」がもてはやされるなら、大食漢は「ショクメン」、三年寝太郎は「ネルメン」、セックス依存症は「セクメン」としてもてはやされるべきだ。最近はセックスレスの人が増えているから、これはあながち冗談とはならないかもしれない。(本文より)岩崎夏海「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    • 1 out of 5 stars
    • チンピラですか?

    • 投稿者: Amazon カスタマー 日付: 2018/05/11

    価格: ¥ 500

    • 父親と観た映画を思い出す

    • 著者: 平川 克美
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 12 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ・偲ぶ会にて  先日、映画の東宝スタジオサービスの社長さんから、突然お手紙をいただいた。お手紙とはいっても、特別な内容のものではなく、先ごろ亡くなった高峰秀子さんの「偲ぶ会」があるので、出席しないかというお誘いであった。  私は自著『俺に似たひと』の中で、高峰秀子に触れ、彼女への偏愛を少しだけ語った。くだんの社長は、私の本を読んでくれていて、高峰ファンの私にお声を掛けていただいたというわけである。当日、私はどんな往年の俳優が集まるのかと、ほとんどミーハー気分で会場へ出かけた。  会場は、スタジオにステージを拵え、椅子を配したにわか作りの劇場になっており、舞台の正面には小さなスクリーンが配置されていた。思っていたとおり、司葉子や、星百合子、八千草薫、宝田明などスクリーンでしかお目にかかれないスターの顔が揃った。(本文より)内田樹&平川克美の「大人の条件」はこちらから→https://yakan-hiko.com/uchida.html

    価格: ¥ 500

    • 「答え」ではなく「問い」が人を成長させる

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    人間にとって最も有効な問いといえば、それは「生」と「死」にまつわるものだろう。 「人はなぜ生きるのか?」 「人はなぜ死ぬのか(死ななければならないのか?)」 というのは、子供でも自然と興味を引かれる非常に強力な問いである。 では、生、あるいは死について、自然と考えさせてくれる本とはどういうものか? ぼくの場合、それは手塚治虫が描いたマンガ「火の鳥」だった。「火の鳥」の中でも、特に「鳳凰編」だ。 「火の鳥 鳳凰編」には、我王と茜丸いう二人の主人公が出てくる。我王は、生まれてすぐの事故がもとで、片目と片腕を失った。一方茜丸は、その我王に襲われて、片手が不自由になった。そういうふうに、この作品は主人公が二人とも障害を抱えている。そしてこの二人は、ともに仏師として彫刻を彫ることを生きる営みとしている。(本文より)岩崎夏海の「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→https://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    価格: ¥ 500

    • あなたの言葉が人を動かせないたった一つの理由

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 8 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2.5 out of 5 stars 3
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 3
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 3

    「言論の自由」を声高に叫ぶ人は、みんな、「言論の自由」を本当に信奉しているのだろうか? 「本当に信奉している」というか、本当にその意味するところが分かっているのだろうか? 分かっていない——というのが、ぼくの見たところである。多くの人が、「言論の自由」を大事だといいながら、「何でもかんでも言っていいわけではない」と思っている。例えば、他者を差別したり、誹謗中傷したりする言論は、言ってはいけないと思っている。 これは、極めて純粋な意味での「ダブルバインド」だ。そして彼らは、それをほとんど無自覚にしていて、自分でダブルバインドだと気づいていない。だから、指摘されるとすぐに論破されてしまう。そうして、結局有益な話し合いにならない。そういう有益な話し合いにならない人の意見というのは、社会に何の益ももたらさない。(本文より)岩崎夏海の「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→https://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    価格: ¥ 500

    • 結婚はむしろコスパサイコー!? ほとんどの若者が理解していない賢い老後の備え方

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 9 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      3 out of 5 stars 1

    「老後破産」というのが話題だという。「今の時代はさまざまな理由で、あるときから急に収入がなくなったりする。そうして資産がなくなる。それでいながら、体はまだ健康だ。そのため、老後を鬱々と過ごす羽目になる」というものだ。 先日、「老後破産」についての記事を読んだ人が、自分の老後が不安になったと語っていた。そして彼は「貯金でもしようか」と考えたのだそうだ。今は全く貯金がないのだという。 しかしながら、老後破産に備えるにしても、貯金というのはけっして賢い選択とはいえない。なぜならお金は、資産の中でも最も減りやすく、そのためすぐになくなる危険性が高いからだ。数億円という規模だったらまた別だが、数千万円では、何かことがあったら一気に吹っ飛んだりするので、全く当てにならない。(本文より)岩崎夏海の「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→https://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    価格: ¥ 500

    • 2020年東京オリンピックに「可憐さ」はあるか

    • 著者: 平川 克美
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 15 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3.5 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      3 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      5 out of 5 stars 1

    ・「あのとき」の記憶  IOCのジャック・ロゲ名誉会長が開催地の記されたカードを反転させて、そこにJAPANという文字が見えたとき、日本中が上を下への大騒ぎとなった。オリンピック東京招致が決まったのである。  いや、日本中というのは大げさで、日本国民の三分の一ぐらいは複雑な気持ちでこのニュースを聞いたはずだ。ただ、興奮状態にある空気が複雑派、疑問派、反対派の声をかき消した。そのうちの多くは、つまりもろ手を挙げて大騒ぎできなかった人々の多くは、一九六四年の東京五輪を実際に見てきた団塊の世代あたりの人々ではなかったかと思う。私もその一人である。  その理由を書きたいと思う。(本文より)内田樹&平川克美の「大人の条件」はこちらから→https://yakan-hiko.com/uchida.html

    価格: ¥ 500

    • 「貸し借り」がうまい人は心が折れない

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 6 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 5
    • ナレーション
      4.5 out of 5 stars 5
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 5

    心が健康でいられる方法は、なんといっても「言いたいことを言える環境」を作ることである。心を病む人というのは、言いたいことを言えない環境にある。言いたいことを言えないことが、心を病ませる。そして心を病むことが、体も病ませる。するとやがて、肉体を「要介護」の状態にしてしまうのだ。 要介護の状態になるというのは、一種の復讐だ。これまで言いたいことを言わないという形で無理強いしてきた自分の体に、自分自身が復讐されているのである。 だから、そうならないためには日頃から自分に恨まれないような生き方をしなければならない。自分をだいじにしなければならない。 では、自分をだいじにするにはどうすればいいか? それは、言いたいことを言うということである。(本文より)岩崎夏海の「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→https://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    価格: ¥ 500

    • 還暦を過ぎると風景の色が変わることについて

    • 著者: 平川 克美
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 13 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    ・ひそやかな交換 もうじき、六十三回目の誕生日を迎える。気がついたらそんな年齢になっていた。還暦を過ぎてからは、毎年の誕生日の意味が少し変わったように思える。  それまでは、ひとつひとつ齢(よわい)を重ねるといった積み立て型だった人生が、還暦以後は積み立てた貯蓄を、ひとつひとつ引き出してそれを別なものと交換しているような心もちになってくる。  積み立てた年齢はいったい何と交換できるのだろう。もとより、交換したからといって手元から年齢がひとつ無くなるわけではない。等価交換とは違う交換なのである。  一方では確実に馬齢を重ねている。  だが、もう一方でひそやかな交換が行われている。  交換することによって減じるのは、積み立てた年齢ではなく、残余の時間なのかもしれない。 ここのところの機微が、うまく言葉にならない。(本文より)内田樹&平川克美の「大人の条件」はこちらから→https://yakan-hiko.com/uchida.html

    価格: ¥ 500

    • 子供が観る映画ではなかった――映画『カビリアの夜』評

    • 著者: 平川 克美
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 13 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    フェデリコ・フェリーニ監督の映画『カビリアの夜』は、一九五七年に製作・公開されている。その前年、日本では売春防止法が制定され、以後、日本文化の一翼を担った遊郭が消えていった。皮肉にも、この年、品川遊郭を舞台にした川島雄三の傑作『幕末太陽伝』が公開されている。前年に東調布第三小学校に入学した私は、七歳のケツの青いガキで、世界は、自分の前に無限に広がる海のように単純で、偉大だった。  七歳の子供には、世の中には、男と女がいて、昼と夜の間には人間の数だけの争い事や悩みがあり、多くの人間たちは空腹や貧乏、抑圧や裏切りに耐えながら生きているなんてことは、わかるはずもなかった。 『カビリアの夜』の主人公は、カビリアというローマの娼婦である。(本文より)内田樹&平川克美の「大人の条件」はこちらから→https://yakan-hiko.com/uchida.html

    価格: ¥ 500

    • 学校へのIT機器導入、どう考える?:最終的に重要なのは「どう学ぶか」ということ

    • 著者: 西田 宗千佳
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 14 分
    • 完全版
    • 総合評価
      2 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      2 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      1 out of 5 stars 1

    各地・各学校でのIT機器(主にタブレット)の導入について、筆者なりの「現場への導入はどうあるべきか」「どういう条件を大切にすべきか」という意見を述べてみたい。 ■管理はどうするのか 学校でIT機器を使うということは、児童・生徒だけでなく、教師も含め「不慣れな人の山の中で使う」ことである。まあ、すばらしくよくわかっている先生・生徒がいる場合もかなりの割合で想定できるのだが、そうした人々には依存しないように全体戦略を立てるのが望ましい。 そういう意味で考えると、「管理」は2つの観点で成り立っている。(本文より)小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ はこちらから→http://yakan-hiko.com/kode-nishi.html

    価格: ¥ 500

    • なぜアップルのユーザーサポートは「絶賛」と「批判」の両極の評価を受けるのか

    • 著者: 西田 宗千佳
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 11 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 1
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 1
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 1

    できるならお世話になりたくないが、時と場合によってはお世話にならざるを得ないもの、それが「ユーザーサポート」だ。特に、修理や不具合についてのサポートは、そもそもが不快な体験であり、快適な思い出であるほうがまれだ。ユーザーサポートについては、絶賛される企業とそうでない企業がある。だが妙なことに、特定の企業は「絶賛」と「批判」の両方が存在する。たとえばアップルはその好例だろう。たまたまSNS上で、2人の知り合いがそれぞれ別件でアップルのサポートについて話していたのを見た。そのコメントは、まさに「絶賛と批判」の両極端だった。(本文より) 小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ はこちらから→http://yakan-hiko.com/kode-nishi.html

    価格: ¥ 500

    • 学校へのIT機器導入、どう考える?:どんなものを、誰の持ち物として、何台導入するか?

    • 著者: 西田 宗千佳
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 8 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    このシリーズでは、各地・各学校でのIT機器(主にタブレット)の導入について、筆者なりの「現場への導入はどうあるべきか」「どういう条件を大切にすべきか」という意見を述べていく。 ■導入すべきものはなにで、どれだけ必要か「デジタル教科書は『求められている』のか」「教師にとっての「IT教材」とはなにか」この2つの観点を踏まえた上で、実際に導入すべきものはどういった条件になるのだろうか? ここで考えるのは「どのメーカーのどのタブレット」という話ではなく、もっとプリミティブな要件だ。(本文より)小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ はこちらから→http://yakan-hiko.com/kode-nishi.html

    価格: ¥ 500

    • 学校へのIT機器導入、どう考える?:IT教材のニーズと意義

    • 著者: 西田 宗千佳
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 8 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    筆者はこれまで、メルマガなどで各地・各学校でのIT機器(主にタブレット)の導入について、いくつもの事例をご紹介しつつ、様々な観点で情報をお伝えしてきた。そこでは、筆者なりの「現場への導入はどうあるべきか」というイメージがあった。今回は、そうした話を一度総括したいと思う。その上で、個々の事例がどうこうということよりも、「どういう議論があり」「どういう条件を大切にすべきか」という意見を述べてみたい。これはあくまでたたき台であり、今からお話する内容が正しい、と主張するつもりはない。しかし、現状で、多くの人にとって「観点」が示されていない現状では、まずそれを整理することが重要、と考える。みなさんも、ここに示す条件について、ご自身の意見を考えてみていただけると幸いだ。(本文より)小寺・西田の「金曜ランチビュッフェ はこちらから→http://yakan-hiko.com/kode-nishi.html

    価格: ¥ 500

    • なぜあの人はあんなにモテるのか――恋愛ゲームの必勝法

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 8 分
    • 完全版
    • 総合評価
      1 out of 5 stars 2
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      1 out of 5 stars 1

    ゲームが好きだったり、ゲームに熱中できない性格だと、恋愛もなかなか上手くいきません。また、恋愛とゲームの相性がいいのもそのためです。世の中には数え切れないくらいの「恋愛ゲーム」がありますが、それは、恋愛そのものが本質的にゲーム性を帯びているからです。 さて、「恋愛がゲームである」ということはお分かり頂けたかと思います。では、そのゲームのような恋愛を上手くいかせるためには、どういった取り組みが必要でしょうか?(本文より) ミリオンセラー『もしドラ』の著者岩崎夏海メルマガ「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    価格: ¥ 500

    • 「嫌われる」ことは幸せな人生の第一歩

    • 著者: 岩崎 夏海
    • ナレーター: 落合 佑介
    • 再生時間: 7 分
    • 完全版
    • 総合評価
      3 out of 5 stars 4
    • ナレーション
      3.5 out of 5 stars 2
    • ストーリー
      2.5 out of 5 stars 2

    怒ったり、短気で相手から嫌われたりすることには、大きく二つのメリットがある。 一つは、自分に対してのハードルが上がること。ぼくは、座右の銘を聞かれると必ず「人間万事塞翁が馬」と答えることにしている。それは、これまでの人生の中で、そのことをつくづくと感じたからだ。40歳になるくらいまで、ぼくはほとんど「幸せ」を感じずに生きてきた。幸せを感じたのは、小学生の一時期と、20代後半に最初の結婚をしていたときくらいだった。それ以外は、ずっと不幸を感じながら生きていた。(本文より) ミリオンセラー『もしドラ』の著者岩崎夏海メルマガ「ハックルベリーに会いに行く」はこちらから→http://yakan-hiko.com/huckleberry.html

    価格: ¥ 500

表示 件 / ページ
  • 1
  • 2