検索キーワード:著者 "出久根 達郎"

カテゴリー

すべてのカテゴリー

検索結果:3件
並べ替え:
    • 佃島ふたり書房

    • 著者: 出久根 達郎
    • ナレーター: 三好翼
    • 再生時間: 9 時間 6 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4 out of 5 stars 10
    • ナレーション
      5 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4 out of 5 stars 9

    佃の渡しが消えた東京五輪の年、男は佃島の古書店「ふたり書房」を立ち去った。大逆事件の明治末から高度成長で大変貌をとげる昭和39年まで移ろいゆく東京の下町を背景に庶民の哀歓を描く感動長篇。生年月日がまったく同じ2人の少年が奉公先で知り合い、男の友情を育んでいく。第108回直木賞受賞作品。

    価格: ¥ 3,500

    • 本のお口よごしですが 完全収録版

    • 完全収録版
    • 著者: 出久根 達郎
    • ナレーター: 金田 賢一, 前田 弘喜
    • 再生時間: 7 時間 46 分
    • 完全版
    • 総合評価
      4.5 out of 5 stars 8
    • ナレーション
      4 out of 5 stars 8
    • ストーリー
      4.5 out of 5 stars 8

    中学卒業後、古書店に丁稚奉公し、己の店を持って32年。販促用に作った古書目録の穴埋めに書綴っていた文章が編集者の目に止まり、直木賞作家とまでなったが「天職は古本屋」な出久根達郎による、酸いも甘いも詰め込まれた本をめぐるエッセイ集。洒脱な文章、多岐にわたる博学ぶり、珍妙なお客さん・・・1話あたり三分たらず全156話。目上の方・ビジネスの席での会話のネタにも。講談社エッセイ賞受賞    監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史

    • 5 out of 5 stars
    • 本を愛する筆者による本にまつわるストーリー

    • 投稿者: なかやん 日付: 2018/02/06

    価格: ¥ 3,000

    • 本のお口よごしですが

    • 著者: 出久根 達郎
    • ナレーター: 金田 賢一
    • 再生時間: 2 時間 18 分
    • 完全版
    • 総合評価
      0 out of 5 stars 0
    • ナレーション
      0 out of 5 stars 0
    • ストーリー
      0 out of 5 stars 0

    漱石は本の余白に書き込んだのはなーんだ?古本によくはさまれているのは1.イチョウの葉2.モミジの葉3.赤点の答案用紙どれでしょう?美少女と古本屋店主との関係は?有名作家の肉筆原稿の売価はどれくらいか?臨終の書として人気なのはコレだ!ときにほろ苦く、ときに笑いを誘われる、人生のあたたかな挿話の数々。講談社エッセイ賞を受賞した随筆集です。洒脱な文章、多岐にわたる博学ぶり、珍妙なお客さん、古本屋さんになりたくなる一書。ちなみに、筆者が物書きとなったきっかけは、古書目録に載せた文章だったそうです。筆者本人が語っているのかと錯覚する朗読の語り手は、NHK大河ドラマ「功名が辻」田中吉政役、NHK大河ドラマ「風林火山」柿崎影家役、「太陽にほえろ!」のデューク刑事役など多くの実績がある金田賢一さんがオーディオブック初挑戦です。 「ことのは出版オーディオブック作品一覧はhttp://www.kotonoha.co.jpにて」

    価格: ¥ 2,000