最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

和辻財閥の一族が集まり正月を迎えようとしていた夜。「あたし、おじいさまを刺し殺してしまった……」泣き叫ぶまだ大学生の摩子。部屋では当主与兵衛が殺されていた。一族は事件を隠すべく完璧な偽装工作を行うが、警察はヒズミに気づく。そこに隠された意外な真相とは。そしてただ一人の部外者、春生は・・ エラリー・クイーンに捧げられた正統派推理小説。 監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史
(C) ことのは出版

Wの悲劇に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    7
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    9
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    3
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    1 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • 星の王子
  • 2018/06/16

漢字の読み間違いがある

条文感じの読み間違いがあり萎えた 聴き応えがあってよかった。読むことを職業にしているものが読み間違えるとは…

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • totoga
  • 2018/04/17

映画も良いけど

だいぶ前に映画を見ている。うまい具合に犯人を忘れていたので聴いてみた。活字では読む気にならなかったと思う。原作も面白かった。