最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

高野聖

著者: 泉 鏡花
ナレーター: 西村 健志
再生時間: 2 時間 21 分
カテゴリー: 名作文学
4.2 out of 5 stars (11件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

<内容紹介>

私は汽車の中で旅僧と居合わせた。話を聞くと高野山に籍を置いている旅僧で、宗派は違うが永平寺に訪ねる用があり、今晩は一泊するという。私は若狭へ帰省するところで、一泊しなければならなく、旅僧と敦賀の旅籠屋で同宿することになった。私は夜が更けるまで寝ることができない質なので、旅僧に諸国を行脚したおもしろい話はないかとねだった。 すると、旅僧は若い頃の奇妙な体験談を語りだし、それは、旅僧が飛騨の山越えをした時の話であった。



私(旅僧)は喉が渇き茶屋に入ったところ、付近で恐ろしい病が流行っていることを思い出した。茶屋の女にこの水は井戸のか、それとも川のかと訪ねたところを富山の薬売りに聞かれ、薬売りは「女ができないからと坊主になって、でも生命がほしいんだな。生命が危なくなったら薬をやるよ。」と馬鹿にされた。私は逃げ出し、むやみに急いでいると、先程の薬売りが無言でわざとらしく私を追い越し、危ない旧道の方へさっさと行ってしまった。見殺しには出来ないと思い、薬売りを追いかけることにした。蛇に苦戦した後、目の前に大森林があらわれ、森に入ると次々にボタリとヒルが落ちてきた。ヒルをもぎ取りながら夢中で走りようやく森を抜けると、馬の嘶く声が聞こえ、一軒の山家の前に来た。その家には小造りの美しい女が住んでいた。近くに旅籠がなく、その山家に泊めてもらうことにした。汗まみれであったために川で流すことにし、女は背中を流してくれたが、女もいつの間にか衣服を脱いでいた。蝙蝠や猿が女にまとわりついてきて、女は邪険に追い払いながら家に戻ると、家の番をしていた親仁が「ご坊様の体で帰ってきたのか」と変なことを言う。やがて、夜もふけると外で20、30もの獣の鼻息、羽音、囁きが聞こえ、まるで地獄絵の一枚のような気色であった。私は一心不乱に陀羅尼を呪した。翌朝、女に惜しまれながらも家を出発したが、私が修行を止め、女と一所に生涯を送ろうと狐家に引き返そうとしたところ、馬を売り鯉を買ってきた帰りの親仁に声をかけられた。親仁はある秘密を教えてくれた・・・。



<泉鏡花>

1873年、石川県生まれ。9歳の時、母が次女出産後に急逝。18歳の時、尾崎紅葉の門下に入り尾崎家で暮らすようになる。19歳で文壇デビューし、27歳、名作「高野聖」を発表。小説や戯曲を創作し、作品数は300を超える。1939年死去。享年65歳。
(c)2016 Pan Rolling

高野聖に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    5
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    6
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。