最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

高柳昌行の聴き方

著者: JINYA DISC
ナレーター: 山本 剛士
再生時間: 1 時間 5 分
カテゴリー: エッセー・自伝

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

高柳昌行は1932年に東京に生まれ、19歳でプロとなり日本のJAZZ創成期より活躍した演奏家である。銀巴里を舞台とした 「新世紀音楽研究所」の活動では、日野皓正、山下洋輔など多数の人材 を世に送り出し、その後ノイジック インプロビゼーションへと移っていく。このオーディオブックは、日本を代表する前衛音楽家、高柳昌行のノイジック インプロビゼーションについて、生前のインタビューや手稿、ジム・オルークや北里義之によるライナーノーツ等を当時の音源と原稿の朗読等で構成されている。またこのオーディオブックには、「カダフィーのテーマ」や「マスヒステリスム」、「イナニメイト ネイチャー」の演奏の一部や、アルバム化されていない音源である「マスヒステリスム」の別テイクや、「ノイジックな演奏」等も収録されている。高柳昌行の略歴やこのオーディオブックに収録した曲の紹介などは、JINYA DISCの斉藤安則によりまとめられました。制作にはニッポン放送のご協力を頂きました。これらのインタビューや文章の朗読と、イジック インプロビゼーションの代表作等の音源を併せて聴く事で、ジャズ界に重要な足跡を残した、とかく難解とされる高柳昌行の音楽活動について、より多くの人の理解を得ることが出来れば幸いです(C) JINYA DISC/Pamlink Corp.
Pamlink Corp.

カスタマーレビュー

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。