最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

蜘蛛男

著者: 江戸川 乱歩
ナレーター: 楠木 華子, でじじ
再生時間: 10 時間 52 分
5 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)
価格: ¥ 3,500
30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

あらすじ・解説

<内容紹介>

畔柳博士は法医学の医学博士であり、犯罪学の専門家でありながら、素人探偵として、その手腕を世に知らしめていた。
人間嫌いで、普段は書斎に閉じこもって読書にふけっているが、世の中に難事件が起こった時には、自ら首を突っ込んで解決に乗り出すという変わり者の探偵である。
その畔柳博士を訪れたのは、里見絹江という女性だった。娘の芳江が失踪してしまい、その捜索の依頼であった。

「女事務員募集、十七八歳、愛嬌のある方、美術商接客係り、高給、午後三時より五時まで来談。Y町関東ビル稲垣美術店」

気になっていた新聞広告の内容と、芳江の風貌との合致に犯罪の匂いを感じた博士は、助手の野崎三郎と共に捜査に動き出すが、里見芳江は石膏像の中にバラバラになった死体となって発見された。
必死の捜査を嘲笑うように残忍な犯罪を繰り返す犯人――通称「蜘蛛男」。

そして、遂に名探偵・明智小五郎が真相究明に動き出す……

<江戸川乱歩(えどがわ・らんぽ)>

日本の推理小説家。1894年10月21日生まれ、三重県生まれ。筆名は、19世紀の米国の小説家エドガー・アラン・ポーに由来する。数々の職業遍歴を経て作家デビューを果たす。本格的な推理小説と並行して『怪人二十面相』、『少年探偵団』などの少年向けの推理小説なども多数手がける。代表作は『人間椅子』、『黒蜥蜴』、『陰獣』など。1954年には乱歩の寄付を基金として、後進の推理小説作家育成のための「江戸川乱歩賞」が創設された。
©2019 PanRolling.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
レビューはまだありません。