最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

赤間ヶ関の阿弥陀寺に寄宿する若き琵琶法師、芳一はあまりにみごとなその語りのために妖しき者たちに魅入られる。平家物語を語ってほしいと請われ、武士とおぼしき者に導かれていった先は立派な屋敷で、雅な者たちが高貴な方にかしづいていた、はずだったが……。あまりに有名な小泉八雲の怪談を、いまのりにのっている相原麻理衣が語ります。[注]本朗読において、今日の表現基準に照らして不適切と思われる語句や表現がありますが、発表時の時代的背景と文学性を考え合わせ、底本どおりに読んでおります。ご了承ください。(C)アイ文庫
ことのは出版

耳無し芳一の話に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。