最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

特使となって海を渡った百刈圭は、不死者の本拠地にて《プロフェッサー》と相まみえ、ゲート組織が秘めた真実を目の当たりにする。人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。終わりが始まる、継続の第6弾。
©2014 Okishi Takehiko (P)2021 Audible,Inc.

筺底のエルピス 6 -四百億の昼と夜-(ガガガ文庫)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • Amazon Customer
  • 2021/04/21

小説も好きです

オーディブックは8割読み手の力量で内容が決まってしまうなぁと色々聞いていて思う。鉄道員とか本当に良かったし、物語シリーズは原作は好きだけどオーディオブックとしてはいまいちと感じたり。
本作は聴ける朗読にはなっていると思う。自作が待ち遠しいです。