最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

役宅内の詮議場に引き出された男は鼻筋の通った色白の美男だったが、顔には無残な火傷の跡があった。 与力の懸命な訊問にもかかわらず、男はだんまりを決め込んでいる。 小部屋の覗き窓から見た平蔵は、はて・・・こやつどこかで見たような。 ―鬼平犯科帳より―(時代小説)
(c)ことのは出版株式会社

瓶割り小僧 (鬼平犯科帳より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。