最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「小岩井農場の北に、黒い松の森が四つあります。いちばん南が狼森で、その次が笊森、次は黒坂森、北のはずれは盗人森です。」 森に囲まれた地に四人の百姓たちがやってきて、「ここに畑起してもいいかあ」、と森にちゃんと許可を受け、家族を呼び寄せて住み始めます。 森にはそれぞれ特徴があり、一つ一つの森と交流しながら、百姓たちは生活を育んでいきます。神秘的な森が擬人化され、人々の営みがほのぼのと描かれた作品です。 弓削智久の素朴な情景描写をお楽しみください。
(C)2007 TOKYO FM & Appleway

同じ著者・ナレーターの作品

ナレーター

狼森と笊森、盗森に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。