最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

源氏物語 瀬戸内寂聴 訳 第十一帖 花散里 

再生時間: 15 分
カテゴリー: 古典・神話
4 out of 5 stars (2件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

桐壺院の崩御、左大臣の引退、さらには朧月夜の君とのことで、政治的に不利な状況に立たされ、思い悩まれる日々。
源氏の君は、五月雨の晴れ間にふと懐かしくなり、麗景殿(れいけいでん)の女御及び、以前一度だけ情を交わしたその妹・花散里(はなちるさと)のもとを訪れました。
そして亡き桐壺院にまつわる昔話などして我が身の憂いを慰めるのでした。

(毎週水曜配信予定、全24/113巻)
©瀬戸内寂聴/レシピ ©奥村瓔

カスタマーレビュー

総合評価

  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。