最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

江戸商家の家訓に学ぶ 商いの原点

著者: 荒田 弘司
ナレーター: 豊岡 聡仁
再生時間: 8 時間 5 分

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

<内容紹介>

「顧客本位の経営」「投機より本業専念」――
現代に通じる「商いの原点」が江戸にあった。

元禄バブルがはじけて投機型豪商が市場から退場するなか、
長期的な視点に立って地に足をつけたビジネスを行い、現在に続く老舗ブランド企業の核を築いた商人たちがいた。

激変する時代を生き延びた彼らの「商い哲学」から、
われわれは今、何を学びとるべきか。

老舗の創始者たちが暖簾を受け継ぐ者たちに託したメッセージ。

<目次>

第1章 アイディアは顧客満足のために使え ~「越後屋」三井家の訓え~
第2章 義を尽くしてこそ家は栄える ~「大丸」下村家の訓え~
第3章 本業から逸脱するな ~「キッコーマン」茂木・高梨家の訓え~
第4章 ビジネスの中に倫理を持て ~住友家の訓え~
第5章 自他の利益を図るべし ~「高島屋」飯田家の訓え~
第6章 事業の行き先に国家を見よ ~「三菱」岩崎家の訓え~
第7章 8割で暮らして2割は貯蓄 ~安田家の訓え~
第8章 世代を超えた連携プレイ ~「松坂屋」伊藤家の訓え~
第9章 商いは社会との関わりを大切に ~近江商人の訓え~
むすび 江戸商家の家訓に学ぶ現代の企業経営

<荒田弘司(あらた・こうじ)>

経営士。M&M戦略研究所常務理事、実践経営学会監事、ビジネスキャリア協会監事、日本リスクマネジメント協会リスクフォーラム講師。
明治大学商学部卒業後、日産自動車(株)に入社。経理部財務課長、管理部長を務めたほか、各グループ会社の常務取締役などを歴任した。
「顧客満足経営」や「商家の家訓に学ぶ現代の企業経営」などを中心テーマにして、公園・研修・執筆活動を行っている。

著書に、『顧客価値経営――経営品質の理論と実践』『老舗企業の研究――100年企業に学ぶ伝統と革新』(ともに共著・生産性出版)、『経営分析ができるようになる本――足元から利益を掘り出せ』(明日香出版社)、『医療現場の顧客満足と業務改善』(共著・同友館)がある。
©Koji Arata 2006

カスタマーレビュー

レビューはまだありません。