Audible会員プラン登録で、12万以上の対象タイトルが聴き放題。

聴き放題対象外タイトルです。Audible会員登録で、非会員価格の30%OFFで購入できます。

無料体験で、12万以上の対象作品が聴き放題に
アプリならオフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読も楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
『教養としての「ラテン語の授業」――古代ローマに学ぶリベラルアーツの源流』のカバーアート

教養としての「ラテン語の授業」――古代ローマに学ぶリベラルアーツの源流

著者: ハン・ドンイル, 岡崎 暢子
ナレーター: 綿谷 エリナ
¥2,100で会員登録し購入

無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。

¥3,000 で購入

¥3,000 で購入

下4桁がのクレジットカードで支払う
ボタンを押すと、Audibleの利用規約およびAmazonのプライバシー規約同意したものとみなされます。支払方法および返品等についてはこちら

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、PCサイトのライブラリー、またはアプリ上の「目次」からご確認ください。

★続々重版決定! 3万部突破!

★歴史・哲学・宗教が一気に学べると話題に!

本村凌二(東京大学名誉教授)、監訳!

35万部突破のベストセラーが日本上陸!

ラテン語の名言を通して、リベラルアーツの

源流を学ぶ

本書は、バチカン裁判所の弁護士、

ハン・ドンイル氏が西江大学で行った名講義を

整理したものだ。彼の講義は、単なる語学の授業

というよりは、総合人文科学の授業に近い。

西洋文明の根源ともいえるラテン語を通して、

歴史、哲学、宗教、文化、経済など多くのこと

を学べる。

彼の授業を聞いた学生らは「本当の自分に

出会うことができた」「世界を見る視野が

広くなった」「思考がより深くなった」と

絶賛し、さらにこの授業が人生の転換点

になったという人もいる。講義の初日の

学生は24人だったが、名講義だとウワサが

広がり、周辺の大学の学生や一般の聴講生まで

集まっていった。

ラテン語は現在使われていない言語で、

文法も非常に難しい。なぜこの講義が人気

を集めたかというと、ラテン語の学習のほかに、

著者が長期のイタリア留学で体験したことを

言葉に乗せて話した内容が、まさに人生に

ついての学びが凝縮されたものだったからだ。

©2022 Ryoji Motomura, Nobuko Okazaki (P)2023 Audible, Inc.
  • 完全版 オーディオブック
  • カテゴリー: 歴史

教養としての「ラテン語の授業」――古代ローマに学ぶリベラルアーツの源流に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。