最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

あさぐろいが、二十の女の凝脂に照りかえった乳一房から腋のあたリヘかけ、紫色の斑点がいくつも浮き出して見える。これは、まさに彦の市以外の男の唇が、彼女の肌を吸った痕なのである。(畜生め、ほかに男を……)―鬼平犯科帳より―(時代小説)
(c)ことのは出版株式会社

座頭と猿 (鬼平犯科帳より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 3.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    2
  • 星3つ
    1
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 4 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    1
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。