最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

金髪、碧眼そして白く透き通った肌の幼女が、空を飛び、容赦なく敵を撃ち落とす。
幼女らしい舌足らずさで軍を指揮する彼女の名はターニャ・デグレチャフ。
だが、その中身は、神の暴走により幼女へと生まれ変わることとなった日本のエリートサラリーマン。
効率化と自らの出世をなにより優先する幼女デグレチャフは、
帝国軍魔導士の中でも最も危険な存在へとなっていく――。
※本作品は「幼女戦記 1 Deus lo vult」を分冊し、第零章/第壱章/第弐章/第参章を収録したものです。
(C)Carlo Zen 2013

幼女戦記 1 Deus lo vult(前編)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    130
  • 星4つ
    36
  • 星3つ
    9
  • 星2つ
    2
  • 星1つ
    3
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    113
  • 星4つ
    27
  • 星3つ
    11
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    3
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    120
  • 星4つ
    26
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    3
  • 星1つ
    5

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    3 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • nelson
  • 2018/03/27

声優が違うのにターニャの声が聞こえる

幼女戦記はアニメからの参入組になります。
アニメ幼女戦記からハマった身としては女性ナレーションが悠木碧さんじゃ無いことに残念さを感じていましたが、実際に聞いてみたらアニメターニャの声が聞こえてくるではありませんか。
似た声質の声優さんを選んでちゃんとアニメを見た上での演技をされてるみたいでとても良かったです。
欲を言うならターニャ自身のモノローグも女性ナレーターの声でやって欲しかったです。
せめてキャラクターの声と地の文の音量差を減らしてもらいたいです。
男性ナレーターの抑え気味の地の文はボソボソとしており、聞き取れなかったことが少なからずありました。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 山思い
  • 2018/08/06

オーディオブックとして十分な水準

内容は面白いので少しでも興味があれば視聴をおすすめする

アルカディアから漫画・アニメ含め既に網羅しているが、音声で聞くとまた違った趣がある
書籍一巻は特に冗長な文章が多いが、音声ではそこまで気にならないのも面白い
心理描写の多い部分では台詞・会話が地の文で細切れにされてしまい、情景を把握しにくいところもあるが許容範囲である

男性ナレーターの音声に、ところどころ音質の違うものがある(おそらく後から差し替えた別録り音源が混じっている)
女性ナレーターはかなりがんばっている印象はあるのだが、ターニャの演技にはどうしても多少の違和感が残る(ヴィーシャに比して幼さを感じられる声ではないし、地の文で「平坦な声」と言う場面でも抑揚のある話し方であったり…)
時々入る解説パートの終わりがわかりにくい

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    3 out of 5 stars
  • Amazon カスタマー
  • 2020/07/03

ミリオタまたは濃い文章が好きな方にお勧め

YouTubeでまとめ動画を見て原作が気になったので聴いてみました。
これほどまでにくどい地の文章は初めてでした。途中でくたびれてしまい断念。ミリオタなどハマる方はハマるのでしょう。

  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • こる
  • 2019/03/28

声優ってすごい

二巻くらいまで聞きました。ラノベを読む(聴く)のは初めてですが、とても楽しめました。

聞き始めて最初に、男性の声優さんの演じ分けが上手いと感じました。演技はアニメに寄せているんでしょうね、本当にそのキャラらしさが出ていました。特にレルゲン大佐やヴァイス中尉の雰囲気が似てました。この声優さんにはもっと色々読んでほしいです。
女性の声優さんも、気難しい幼女の声がターニャにぴったりで素晴らしかったです。強いて言えば、セレブリャコーフ少尉の声が高すぎるくらいでしょうか。少しキンキンします。メアリーはよかったです。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 中嶋裕治
  • 2021/06/08

読むの嫌い…

頑張っても読むのが苦手だから嬉しい。声がどうのなんて全然気にならない!

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    2 out of 5 stars
  • ストーリー
    1 out of 5 stars
  • 吉ちゃん
  • 2021/05/24

淡々と語るのみ

嫌いなタイトルではないのだが、男性のナレーターが淡々と語るのが長すぎる。主人公が幼女であることを忘れるほど語りが話を淡泊にして物語の抑揚を阻害している。聞くのが苦痛になる。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 森羅万象
  • 2021/05/12

信じられん.ターニャ,ビーシャ,メアリーが見える(12巻 前編 迄視聴済)

 内容について.政治/政略(含,外交),戦略,作戦,戦術,戦闘の全てが,現実に則して記述されている稀有な戦記です.会社は軍を模範として組織/運用/改善されていますし,企業戦略などもありますから,「ガリア戦記」「信長公記」など「(様々な)戦記」は,通例,参考になる訳ですが,この幼女戦記は,歴史上の様々な戦争に言及しつつ,非常に面白い物語として楽しく読めて,且つ,社会人として,マネージャとして,部下として,上司として,非常に勉強になるものとなっています.ただ「情報」については,(こちらは実録ですが)大本営元参謀 堀 栄三 著「情報なき国家の悲劇:大本営参謀の情報戦記」と併せて読む/聴くと良いと思います.なお「情報なき国家の悲劇」の様な現実の戦記を読むと,幼女戦記が,如何に現実に即したフィクションであるか,と言うより,現実を超えているか(幼女戦記の方がより厳しい)を感じる事ができると思います.
 但し,本文は,軍人同士のウィットに富んだ会話,名言・迷言,メタファー,戦史事例などなど,検索調査無しで読める人は誇って良い程のレベルです.兎に角,読むのに頭を使うので,普通のライトノベルに慣れている人にとってはヘビー/ハードかも知れません.何せ,第4巻後書きで著者自らが「本書はライトノベルです」と強弁しなければならない程ですから.
 朗読について.アニメもそうですが,書籍と決定的に異なる点は時間(あるいは日本人の好きな言葉で言えば「間」)です.この「間」が導入されている事で,(アニメほどではないですが)やはり緊迫感が加わります.また「会話の口調」と言うのも朗読のメリットです.これら2点に関して,このAudible版「幼女戦記」は,朗読が非常に成功していると言える思います.
 ナレーターについて.アニメ放映時期と,このオーディブル発売時期を考えれば,オーディブルをアニメに合わせた事は明白です.山崎 健太郎氏の声は,非常に重厚で,政治,軍事のナレーションとして,軍人の声として,非常に適していると思います.ゼートゥーア(大塚芳忠氏)に近い感じですが,ルーデルドルフ(玄田哲章),レルゲン(三木眞一郎)など,アニメとは違っていると感じるキャラもありますが,違っている場合はまた違った味わいがあります.幼女戦記は男性キャラクターの方が圧倒的に多いのと,戦記では重厚さが重要なので,山崎健太郎さんの朗読は素晴らしいの一言です.なお,ヴァイス(濱野大輝),グランツ(小林裕介)の様な軽い声質のキャラもあります(オーバーロードの日野聡さんに似ている).一方,女性の朗読の方は,悠木碧さん,早見沙織さん,戸松遥さんの声を出せる女性声優を探したのではないでしょうか?佐野愛さんの朗読(というかアフレコ?)によって,目を閉じれば,目の前にターニャ,ビーシャ,メアリーが見えます(これに関しては,TV/劇場版のいずれかのアニメを見た人限定ですが・・・).原作を朗読するのですから無理なのですが,もっと佐野愛さんの声が聞きたいです.

  • 総合評価
    3 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    2 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2021/03/12

本だけでは内容についていけなかった

漫画・映像化した小説ということで購入。
大まかな流れは分かったものの、途中で挟まる解説の量の多さと内容の濃さについていけず完全に消化不良。後半はほぼ流し聴き。
アニメや漫画で、ある程度予習してイメージをつかんでおいた方が(自分には)よかったのかなと思う。

ナレーターが二人ということもあり会話の場面はかなり臨場感を感じられた。




  • 総合評価
    4 out of 5 stars
  • ナレーション
    4 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • ナック
  • 2020/09/11

間違っている箇所あり

第2章の56分辺りでやられたラガルドが再度爆発に巻き込まれるという、恐らく収録ミスのシーンがあります。

解説も都度行ってくれるため作品としては素晴らしいと思います。

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • コメント用だよ。
  • 2018/05/08

続きだしてくれ

取り敢えず音声で読めること事態が良かった.っづきをとにかくだしてほしいのでレビュー数の足しになればいいかな.