最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

実説 城谷怪談 撰集四十

著者: 城谷 歩
ナレーター: 城谷 歩
再生時間: 2 時間 12 分
カテゴリー: エンタメ・カルチャー

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

実説 城谷怪談
老若男女皆が楽しめる怪談語りを目指し、落語や講談にも似た独特な語り節、ノスタルジックな世界観に定評がある城谷歩による怪談。
幼い頃から自身でも不思議な怪体験を数多く持ち、更に聞き集めた種々の実体験を含めるとその数は数百にも及ぶ。
そうした現代の実話怪談、奇談の中から選りすぐりをお届けする。

内容紹介
「キエロ」(39分)
体験者の竹岡さんは、偶然立ち寄った雑貨店で古い手鏡が目に留まった。
その鏡を手にした日から、化粧やファッションに違和感を感じるようになり、 人付き合いの仕方も変化していく。
そんな竹岡さんを待ち受けていた驚愕のラストとは...。

「トントン坊」(29分)
ある方の曾祖母の実体験。雪国の冬の厳しさは現代の比ではなかったらしい。 古い木造屋は、隙間風は入る上に吹雪の夜などはガタガタと家が揺れる。
その夜も兄と布団を並べて寝ていたのだが、「なぁ...。トントン坊って知ってるか」と兄が話しかけてきた。 兄がトントン坊とは何かを話してくれるのだが、それはまるで昔話の妖怪譚のようであり身を縮ませていた。
翌朝、 それが決して夢幻ではなかったのだと思い知ることになる...。

「約束」(31分)
昔から弔事や法事においては決まりごとがあったりするものだ。 その一つに「家から寺や墓地に行くまでは後ろを見てはいけない」という迷信がある。
Sさんは当時高校生。弟と両親とで、近所の菩提寺に盆のお参りに出かけた。
寺に着くまでは和気あいあいとしていたのだが、目的の四階にある納骨堂にエレベーターが到着したとき、 振り向いた弟が絶叫を上げた事で空気が一変する。

「噂」(32分)
体験者の男性がまだ若い頃、車の部品工場に出稼ぎの仕事に就いていた。
職場で面倒見のいい同じ部署の若村さんという先輩が、ある人物の風評を教えてくれた。その人は50代の戸川さんという強面のベテランだ。危険な男だから関わらないほうがいいと言うのだ。
そんな話を聞いた翌日、 若村さんが職場で事故死したのだ。
©2019 Wataru Shirotani

実説 城谷怪談 撰集四十に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。