最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

妹さえいればいい。5(ガガガ文庫)

(小学館)
著者: 平坂 読
ナレーター: 猪股 慧士, 綾瀬 有
再生時間: 4 時間 35 分
5 out of 5 stars (4件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

GF文庫編集部でアルバイトすることになった白川京を待ち受けていたのは、バイトの領域を超えた労働の日々だった。ときに全裸で頑張る京の恋の行方は!? 身も心もさらけだす出版業界ラブコメ、衝撃の第5弾!!
©YOMI HIRASAKA 2015、(C)Lookout Games 2007/2008 (P)2019 Audible,Inc.

カスタマーレビュー

総合評価

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ナレーション

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

ストーリー

  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    3
  • 星4つ
    1
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
並べ替え:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • 匿名
  • 2019/08/20

テンポが良い。

テンポが良い。京がメインの回で、これから果たして彼女たちがどの方向性にそれぞれ向かっていくのかという想像が膨らみ、爽やかな読了感の中に良い意味で悶々とした気持ちが微かに残った。(多分、京が好きだから)
 もちろん人によって趣向は千差万別であり、当然、望む展開や結末は異なるでしょう。だが平坂先生には、決してブレることなく、たとえ理解されない人たちがいても、その彼らすらをも認めさせるようなストーリーを描いていって欲しい。←(既視感)
 最後に、伊月たち(特に京)に最高のエンディングが待っている事を願って。

1人中1人のお客様がこのレビューが参考になったと答えています。