2か月無料キャンペーン中。今すぐ聴こう。

2か月間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

「明日もまた、同じ日が来るのだろう。幸福は一生、来ないのだ。それは、わかっている。けれども、きっと来る、あすは来る、と信じて寝るのがいいのでしょう。」 厭世的な感情で満たされている女生徒とはいえ、夕食の支度をしたり、お客様の料理を作ったり、母親の肩を揉んだり、と家事を甲斐甲斐しくこなします。 この辺が現代の女生徒とは異なっているところでしょか。それとも男性による想像だからでしょうか。 遠藤久美子が語る女生徒は生意気でもあり可愛らしくもあります。
(C)2007 TOKYO FM & Appleway

同じ著者・ナレーターの作品

女生徒 後編に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。