最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

君の体温、僕の心音~右手にメス、左手に花束2~

著者: 椹野 道流
再生時間: 1 時間 17 分
5.0 out of 5 stars (1件のカスタマーレビュー)

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

出会って十年……親友関係から恋人同士へと昇格した外科医の江南と法医学教室助手、篤臣―どうにか試験的同居にこぎつけた二人だが、江南は仕事柄、まともに家に帰れることなど稀、そのうえ、若い看護婦から猛烈アプローチをかけられてる模様で、当然、面白くないのは篤臣だ……。日々、不満をつのらせるなか、篤臣は江南と看護婦の密会現場を目にすることに……。それがライバル・大西の罠とも知らず……。
(C)椹野道流/二見書房

君の体温、僕の心音~右手にメス、左手に花束2~に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    1
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 0 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 0 out of 5 stars
  • 星5つ
    0
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • kr
  • 2018/04/29

K

楽しかった♡ 第1章で、ラブラブじゃないか!…と思ったら、その後二波乱ぐらいあり、篤臣の独白には『いや、それないから!』とツッコミ、江南には『それは…篤臣怒るよ…』とツッコミまくりでした(笑) 第5章の終わりの、江南の情けない声が秀逸。 大西のねちっこい悪役ぶりも良かった(笑) 最後のテンション高い江南が微笑ましい。