最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

フィレンツェの病院で目覚めたラングドン教授は、ここ数日の記憶がないことに動揺していた。そこに何者かが襲いかかる。医師シエナと逃げ出したラングドンは、ダンテ『神曲』〈地獄篇〉に手がかりがあると気付くが。
(C) 2013 Dan Brown (C) 2013 Toshiya Echizen

インフェルノ 上に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    37
  • 星4つ
    16
  • 星3つ
    5
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1
ナレーション
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    37
  • 星4つ
    12
  • 星3つ
    3
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    3
ストーリー
  • 4.5 out of 5 stars
  • 星5つ
    33
  • 星4つ
    18
  • 星3つ
    2
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    1

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

並べ替え:
絞り込み:
  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    4 out of 5 stars
  • krsna/sophia
  • 2019/03/24

続きが気になる

内容も続きが気になるくらい面白いが、それ以上にナレーションの声色の使い分けが素晴らしい! #ポイントレビュー

  • 総合評価
    5 out of 5 stars
  • ナレーション
    5 out of 5 stars
  • ストーリー
    5 out of 5 stars
  • minerva2050
  • 2018/12/12

ダンブラウンの傑作

お気に入りの作品です。まず眉唾の話ではない、あり得そうな話。 意外な展開で序破急がよくできています。 なにより美術史家ラングトンのお得意の分野に徹していますしね。 フィレンツェ、ベネチア、イスタンブールと知っているようで知らない観光地を教えてくれます。 やはりテキストとして原作本を手元において聴くのが一番でしょう。 映画はその後で、端折っていますが絵を見るのは楽しいですから。