最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

どうした!日立 (週刊東洋経済eビジネス新書 No.177)

ナレーター: 岩見 聖次
再生時間: 48 分

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

本タイトルには付属資料・PDFが用意されています。ご購入後、デスクトップのライブラリー、またはアプリ上の「目次」でご確認ください。(Android:アプリバージョン2.40以上、iOS:アプリバージョン3.11以上)

2009年3月期に7873億円の最終赤字に転落した日立は、2012年3月期には最高純益3471億円をたたき出し、わずか3年でV字回復。
しかし、その後の株価は冴えず時価総額は2年でほぼ半減。その日立は2016年4月から東原敏昭社長兼CEO、中西宏明会長体制で臨む。
本誌では東原改革の全貌に迫り、グローバル企業としての日立をトップ・インタビューで探る。
 

本誌は『週刊東洋経済』2016年4月23日号掲載の12ページ分を電子化したものです。

©東洋経済新報社 (P)2018 Audible, Inc.

カスタマーレビュー

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。