最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

ただ怖いだけじゃない、誰もが知っている妖怪話から、聞いたこともない埋もれたあんなお話まで。実話怪談 百語りの名手 城谷歩がこども向けのちょっと怖いむかしばなしを、落語のように楽しく聴かせてくれるお話集です。
対象:小学1年生以上

「カッパ」(7分)
みどり色の肌で、頭に皿がのっている、小さなイタズラ好きな妖怪カッパ。でも、かわいいだけじゃないみたい……川であそんでいると尻子玉を抜かれたり、馬や牛を水の中に引きずり込んでしまうことも!
「やまんば」(10分)
むかし、山の近くに住んでいた家族がいた。ある日、娘がひとりでるす番をしていると、ドンドンドン!「あけろ!」とどなる声が
「赤いかおのおおにゅうどう」(6分)
山里の古いお寺には和尚さんとお小僧さんが住んでいた。庭の古い大きな柿の木は秋になるとあまいまっかな実をつけて和尚さんはいつもうまそうにひとりで食べていた。 指をくわえて見ていた小僧さんのもとにある晩あかい顔の大入道が現れて……。
「ざしきわらし」(8分)
家でひとりでいるのにガサガサゴトゴトとものおとがきこえたら、その家にはざしきわらしがいるかも。
「うえつき寺の観音さん」(8分)
むかし奈良のうえつき寺のちかくに、親を亡くしたまずしい娘がくらしていた。両親が生きていたときは金持ちで、家には観音様をおまつりするりっぱなお堂もあったのだが……。
「神かくし」(6分)
むかしある村で娘がひとり山に栗ひろいに入ったまま帰ってこなかった。村中おおさわぎ。どんなにさがしても見つからなかったが、あとになって、りょうしが山奥の岩のほらあなのそばでその娘を見つけたという。
「牛になった女」(7分)
むかしあるお金持ちの家があった。この家のにょうぼうはよくばりで、ひとに金をかすときはすくなく、かえさせるときにはおおくしたり、牛や馬も何十倍にしてかえさせた。
「あくぎゃくの子」(8分)
むかし男とつまと男のとしおいた母がくらしていたが、男はみかどのめいれいで妻をのこしてとおくにいくことになった。母はつれてきたがつまとはなればなれ。帰ることがゆるされるのは身内がしんだときだけとしった男は、つまに会いたい一心で母をだましてころしてしまおうとするのだが……。
©2021 Wataru shirotani

おやこで楽しむ 怖いむかしばなしに寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。