• 【前編】泉谷閑示と語る「『仕事なんか生きがいにするな』から学ぶ 頭・心・体の関係性と生きる道しるべ」

  • 著者: 幻冬舎
  • ナレーター: 泉谷 閑示, 羽賀 千恵
  • Mar 18 2022
  • 再生時間: 39 分
  • ポッドキャスト

Audible会員プラン 30日間無料体験

会員は、12万以上の対象作品が聴き放題
オフライン再生可能
プロの声優や俳優の朗読で楽しめる
Audibleでしか聴けない本やポッドキャストも多数
無料体験終了後は月会費1,500円。いつでも退会できます。
  • サマリー

  • 今回のゲストは泉谷閑示氏。
    編集者羽賀のナビゲートで『仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える』についてのお話と、ご自身の勉強法・読書法について語っていただきます。

    <トーク内容>

    【前編】
    現代人の「悩みの質」はどのように変化していったか/「ハングリー・モチベーション」の時代が終わった/コロナ禍における悩み/ハンナ・アレントの哲学/「私たちが仕事だと思っているもの」の正体/古代ギリシャの観照生活に学ぶ/「生きる意味」をどう味わうか/「めんどくさい」は頭の声
    ほか

    <書籍内容>

    働くことこそ生きること、何でもいいから仕事を探せという風潮が根強い。しかし、それでは人生は充実しないばかりか、長時間労働で心身ともに蝕まれてしまうだけだ。しかも近年「生きる意味が感じられない」と悩む人が増えている。結局、仕事で幸せになれる人は少数なのだ。では、私たちはどう生きればよいのか。ヒントは、心のおもむくままに日常を遊ぶことにあった――。独自の精神療法で数多くの患者を導いてきた精神科医が、仕事中心の人生から脱し、新しい生きがいを見つける道しるべを示した希望の一冊。

    <著者プロフィール>

    泉谷閑示(いずみやかんじ)
    一九六二年秋田県生まれ。
    精神科医、作曲家。
    東北大学医学部卒業。
    東京医科歯科大学医学部附属病院、神経研究所附属晴和病院等に勤務したのち渡仏、
    パリ・エコールノルマル音楽院に留学。
    帰国後、新宿サザンスクエアクリニック院長等を経て、
    現在、精神療法専門の泉谷クリニック(東京・広尾)院長。
    著書に『「普通がいい」という病』『反教育論』『あなたの人生が変わる対話術』
    『本物の思考力を磨くための音楽学』などがある。
    ©2022 Gentosha (P)2022 Audible, Inc.
    続きを読む 一部表示

あらすじ・解説

今回のゲストは泉谷閑示氏。
編集者羽賀のナビゲートで『仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える』についてのお話と、ご自身の勉強法・読書法について語っていただきます。

<トーク内容>

【前編】
現代人の「悩みの質」はどのように変化していったか/「ハングリー・モチベーション」の時代が終わった/コロナ禍における悩み/ハンナ・アレントの哲学/「私たちが仕事だと思っているもの」の正体/古代ギリシャの観照生活に学ぶ/「生きる意味」をどう味わうか/「めんどくさい」は頭の声
ほか

<書籍内容>

働くことこそ生きること、何でもいいから仕事を探せという風潮が根強い。しかし、それでは人生は充実しないばかりか、長時間労働で心身ともに蝕まれてしまうだけだ。しかも近年「生きる意味が感じられない」と悩む人が増えている。結局、仕事で幸せになれる人は少数なのだ。では、私たちはどう生きればよいのか。ヒントは、心のおもむくままに日常を遊ぶことにあった――。独自の精神療法で数多くの患者を導いてきた精神科医が、仕事中心の人生から脱し、新しい生きがいを見つける道しるべを示した希望の一冊。

<著者プロフィール>

泉谷閑示(いずみやかんじ)
一九六二年秋田県生まれ。
精神科医、作曲家。
東北大学医学部卒業。
東京医科歯科大学医学部附属病院、神経研究所附属晴和病院等に勤務したのち渡仏、
パリ・エコールノルマル音楽院に留学。
帰国後、新宿サザンスクエアクリニック院長等を経て、
現在、精神療法専門の泉谷クリニック(東京・広尾)院長。
著書に『「普通がいい」という病』『反教育論』『あなたの人生が変わる対話術』
『本物の思考力を磨くための音楽学』などがある。
©2022 Gentosha (P)2022 Audible, Inc.

同じ著者・ナレーターの作品

【前編】泉谷閑示と語る「『仕事なんか生きがいにするな』から学ぶ 頭・心・体の関係性と生きる道しるべ」に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。