オリジナルラジオドラマ「六夜怪談」

3.5 out of 5 stars 9件のカスタマーレビュー

オリジナルラジオドラマ「六夜怪談」 第壱夜「マリコさん」 あらすじ・解説

「舞台はとある学園、怪奇倶楽部。 数学教師・怪奇クラブ顧問(進藤秋人)と、古文教師(六郷綾香)。その他、個性豊かな学生のメンバーが、地元の怪談を取材し、「怪奇新聞」なるものを発行している。 ある日、この学園に七不思議ならぬ「六つの怪談」があったことを知った怪奇倶楽部のメンバーは、その六つの怪談を一つずつ検証することに。 第壱夜「マリコさん」 怪奇倶楽部メンバーが見つけた「六夜怪談雑記」 その中の記述「“第一の怪談。マリコ。人形。鏡の裏”」とはいったい何の意味なのか?そして、メンバーの同級生「長谷川柊斗」が見た「鏡に映ったマネキン人形」との関係は!!国内で最大級の所属タレント数を誇る「俳協」が、所属声優の出演するラジオドラマ「六夜怪談」を制作。 メインキャスト「進藤秋人」には、あのガンダムのシャー「池田秀一」、そして「六郷綾香」には、メーテルで有名な「池田昌子」など、声優業界を代表する所属タレントを起用。また各話ごと、所属タレントの中からユニークなゲストも登場。声優の歴史の原点とも言えるラジオドラマを通して、国内で最も長い歴史と実績を持つ俳協の魅力を、発信する。(C)2010俳協
(C)2010俳協
続きを読む 一部表示
  • 1

    価格: ¥ 500

  • 2

    価格: ¥ 500

  • 3

    価格: ¥ 500

  • 4

    価格: ¥ 500

  • 5

    価格: ¥ 500

  • 6

    価格: ¥ 500

  • 7

    価格: ¥ 2,500