最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月会費1,500円。いつでも退会できます。

OR

あらすじ・解説

私が初めて海外特派員になった1975年から、トランプ大統領の就任式を取材した2016年までの41年間に海外で取得し、手元に残った78枚の取材証。
いわゆる、英語で「ドッグ・タグ」つまり、犬の首輪から下げる鑑定板と言われるものですが、私には、いずれを手に取っても、その当時の出来事がすぐにリアルに甦ってきます。
その一枚一枚にこめられた、私の思い出をご紹介して行きましょう。

第2号 目隠しされて着いた場所
 目隠しされてアラファトインタビュー
 スエズ運河再開に対応せよ
 ニュースはなぜスタジオから伝えなければいけないのか
 君は美味しそうだね
 スクープ予防の秘策
 「世界村のモニター」は何処へ

(以下、次号、順次配信開始 )
第3号 アルファスッドの思い出
 赤いアルファロメオとゲリラの負傷兵/パレスチナのCIAを爆破したモサド/邦人保護とはいうけれど/  バンザイ!負けた/フェイクニュースは名文だった/女王陛下からの招待

第4号 ステーキの後にはカフェオレは飲めない
 ステーキの後にはカフェオレは飲めない/スパイ容疑/  たかが定冠詞、されど定冠詞/ビンラディンが英雄の街

第5号 資本主義社会への道
 自転車の街が自動車の街に変わっても/クーデターの首謀者は英雄だった/  エリツィンの嗚咽/ベルリンの壁は崩れていなかった

第6号 木村太郎が見たアメリカ大統領
 リーガンがレーガンに変わると/大統領選を大逆転させたテレビCM/  トランプ勝ったと間違えた言い訳/平等の違い/2024年はどうなる?

【著者紹介】
木村 太郎(きむら たろう)
1938年生まれ。米国カリフォルニア州出身。慶應義塾大学法学部卒。1964年NHKに入局。1974年より海外支局特派員として、ベイルート、ジュネーヴ、ワシントンで過ごす。1982年より「ニュースセンター9時」のメインキャスターを務めた。その後、フリージャーナリストとなる。
湘南ビーチFMの代表のほか、フジテレビ系「Mr.サンデー」のコメンテーターも務める。
©Taro Kimura

78枚の国際取材証 第2号 目隠しされて着いた場所に寄せられたリスナーの声

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。