最初の1冊は無料。今すぐ聴こう。

30日間の無料体験後は月額1,500円。いつでも退会できます。

OR
カートに追加済み

あらすじ・解説

宿敵・網切の甚五郎を斃した長谷川平蔵を江戸で待っていたのは、部下の同心・田中貞四郎が放火犯人を捕まえたという知らせであった。一度火事となると江戸中が灰燼に帰す恐れがあるこの時代、放火は犯人は火焙り、その家族縁者までも罪を問われる重罪であった。今までうだつが上がらないでいた田中のこの大手柄に喜んだ平蔵であった。が――(時代小説)監督/吉田純子・編集/三好達也_林岳史
(C) ことのは出版

鈍牛(鬼平犯科帳より)に寄せられたリスナーの声

総合評価
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    4
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ナレーション
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0
ストーリー
  • 5 out of 5 stars
  • 星5つ
    2
  • 星4つ
    0
  • 星3つ
    0
  • 星2つ
    0
  • 星1つ
    0

カスタマーレビュー:以下のタブを選択することで、他のサイトのレビューをご覧になれます。

レビューはまだありません。